【ダブルパーは地球を救う!?】 Date:
  Access:本サイトへのアクセス数です。
だぶるぱあ本舗制作
on dblpar="掲示板"

ダブルパー 【myGolf】

 秘密の蜜の味に目覚めちまい、涙ぐましい試行錯誤と無駄な努力と恐ろしく遠い回り道に満ち満ちている日々。愛は地球を救えない、恋はおやじを救えない。腰痛・肘痛・膝痛・肩痛にも負けず、ひたすら道を究めようとするおやじの悲しい物語。
【myGolf】:ブログ「芝を刈る」【myScore】:悪戦苦闘ゴルフみち【MyGear】:ゴルフはクラブだ!?|
表示ページ選択: 以降の30件 以前の30件 (最大[3]ページまで選択可能)     記事登録数:
■myGolfCourse
■mySelf
【myProfile】 (2012年)
・氏名:店主
・居住:東京都八王子市
・Golf歴:1999年〜
・公式HDCP:22
・Best(10play平均):90.0
・Best(個別):84
・Home:GMG八王子
【mySetting】 (2014年)
クラブ(main set)
・1W:Titliest
  913D2(10.5)
・5W/7W:Titliest
  913F(19/21)
・4UT/5UT/6UT:Titliest
  913H(21/24/27)
・6I-PW:TureStage
   X−BLADE 709 MC
・AW/SW:TureStage
  X−WEDGE(50/56)
・PT:キャメロン
  TERYLLIUM TEN
シャフト
・1W-7W:ランバックス 5.5(SR)
・UT:NS PRO950(R)
・6I-PW:MODUS3(S)
:AW-SW:DG(S200)
◆Dblpar Brog 芝を刈る / ゴルフ三昧
【MENU】(画像掲載記事は■)
■(1) 冬ゴルフ 2018  2018年の打ち始めは、マイホームコース
■(2) いいものをつかう2017-3-2   サイコバニー キャディバック(昨年の続き)
■(3) 寒い冬 2017  今年の打ち納めはホームコース
■(4) いいものをつかう2017-3  サイコバニー キャディバック
■(5) 寒い冬 2017  今年も恒例のナイター、始まる
■(6) ふるさと納税2017  今年のふるさと納税でゲットしたんもん
■(7) 梅雨2017  梅雨明けやらず、懲りずに猛暑
■(8) 梅雨2017  梅雨明けやらず、猛暑
■(9) 初夏2017  セグウエイ
■(10) いいものをつかう2017-2  アイアンシャフトをカーボンに変えたら...
■(11) お花見2017  やはり、花見はホームコースで
■(12) お花見2017  花見のはずが、桜はどこに....
■(13) 春 2017  あれれ、2月が終わってしまう(汗)
■(14) ゴルフ 2017冬  2016年打ち納め
■(15) 冬2016  果敢に池越えに挑む---冬ゴルフ事始め
■(16) 秋2016  秋本番はゴルフでしょ
■(17) 盛夏2016  夏のゴルフ合宿 軽井沢
■(18) 初夏 2016  そろそろ初夏の候
□(19) はる 2016  あたたか陽気あなぐら抜け出す
□(20) myGear2015-0023  クラブの重量を軽くする→おじじスペックへ転進
■(21) 秋本番2015  文化の日はゴルフでしょ
■(22) myGear2015-0022  やっとめぐりあったか、アイアンRMX
■(23) myGear2015-0021  アイアンまで衝動買い、テーラーメイドSLDR
□(24) myGolf2015-001  よせばいいのに2日に初ラウンド
■(25) myGolf2014-008  タイトリスト 915 ドライバー
■(26) myGolf2014-007  ホールインワン!!!/my Home Course
■(27) myGolf2014-006  メからうろこ、気づけばなんのことはなく...(part 2)/my Home Course
■(28) myGolf2014-005  いいものをみせて頂いた五月晴れの日/埼玉ロイヤルゴルフ倶楽部
■(29) myGolf2014-004  メからうろこ、気づけばなんのことはなく.../my Home Course
■(30) myGolf2014-003  満開の桜の下、雨と風と雹と雷/my Home Course



【芝を刈る / ゴルフ三昧-1】
冬ゴルフ 2018 
    2018年の打ち始めは、マイホームコース
クリックすると拡大画像 [](容量:52492byte/サイズ:w500×h282px)2018年の打ち始めは、1月3日、マイホームコースです。

天気は快晴なれど、風強く寒い。厚く着込んでいるためか、ドライバーが左右に散り、うまくまとまらず。なんとかしのいではみるものの、グリーン上で3パットを連発。大叩きはしないもの、全体的にダボ先行、という悲しい現実でスタートしました。

前半の東コースは好きなコースなれど、この日のスコアは52。あらら、大叩きであります。昼にハイボールを2杯頂いて、身体の中から暖めた効果が出たのか、昼から若干風が弱くなって寒さが緩んだか。後半の西コースは、ボールが池際ギリギリをころがってグリーンオンする等の幸運にもめぐまれ、後半は連続パーをとるなどして、スコアは44。トータル96でありました。温度が下がると極端にパフォーマンスが低下する最近の私としては、可もなく不可もなく、面白みに欠けた展開となりました。

昨年末、衝動買いしたタイトリストのユーティリティクラブ(21度/25度/28度)とアイアンセット(6番〜9番、ヘッドはプロギアtune、シャフトはフジクラスピーダー)は、目下、ファーストセットとして、ドライバー917とともに、ホームコースで使っています。アイアンは3ラウンド目ですが、結構、いいかも。

※写真は、マイホームコース東9番を、東の8番のティーグランドから撮る。左側の有名な「魔女の森」。9番のティーグラウンドにたつと、ばあさん魔女が「オイデオイデ」すると、何故か、この森にボールが吸い込まれる。そして、それがトラウマになり、ずっと続く、という言い伝えがあるみたい。
(DataID:000299)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-2】
いいものをつかう2017-3-2  
    サイコバニー キャディバック(昨年の続き)
クリックすると拡大画像 [](容量:99272byte/サイズ:w1000×h667px)サイコバニー(Psycho Bunny)ブランドのスカルバニーキャディバッグに、わがセカンドセットを「刺して」みました。ホームコース以外でのラウンドは、このセットで戦います。

ドライバー・ウッド・ユーティリティはヤマハのRMX。シャフトはFUBUKI Ai65xSct(R)。アイアンはPINGのi200、シャフトはフジクラのMCI 60-sです。ちなみにパターはスコッティ・キャメロンClasci テリリウム10 NEWPORT2.5(世界2007本限定)--2007年モデル--、タマムシ色で七色に輝きます。

※写真は、わがクラブセット。クラブの間に鎮座するのは、いまのうちのわんちゃん、というか、ドライバーのヘッドカバーです。 

(DataID:000298)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-3】
寒い冬 2017 
    今年の打ち納めはホームコース
クリックすると拡大画像 [](容量:72849byte/サイズ:w1000×h563px)2017年、平成29年ももうお終い。

12月31日は、ホームコースでの「独居老人」二人と「現役おじさん」との大晦日打ち納めラウンドでした。

今年最大の寒波来襲という中、東コースのスタート前に雪が舞うし、寒くてコンディションはあまりよくはありません。なんといっても、寒さ対策のため、相当に着ぶくれしてるので、からだは回らず、ミスが続出。特に、ドライバーが右に出てなんともなりません。まあ、これは今年の課題で、この日に限ったことではありませんが(^^;;)

スコアは48-48のトータル96で、相当に不満なんでありますが、実力が実力ですから、この時期、こんなものでしょう。親しいじいさま連と一緒で楽しくラウンドしてまいりました。

年金もらって、その上、しっかり会社に常勤している「独居老人」どもは、正月が暇、ってことらしく、ラウンド中に「明日の打ち始め」の相談がまとまったみたい。明日って、お正月です。

明日は我が身。「ひとごと」と片づけられない歳になっちまいました。いろんなお正月の過ごし方があっていいんです。

と、なにやら、寂しい話になったところで、お開きに致します。今年も、お世話になりました。来年もよろしくお願い致します。

※今年最後の写真は、ちょっと「華やか」に。
※今年のメインイベント「ラスベガスツアー」の「バリ・ハイ ゴルフクラブ」のワンショット。ラスベガスの南端のホテル街を望む「砂漠の中のオアシス」です。
※コースの奥に、マンダレイホテルがあります。10月の痛ましい事件(銃乱射事件)の現場です。沢山の方々が犠牲になりました。合掌。
※このブログでは、事件があったので、ラスベガスの話をしばらく自粛しておりましたが、そろそろ解禁することにしました。ご理解下さい。
(DataID:000292)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-4】
いいものをつかう2017-3 
    サイコバニー キャディバック
クリックすると拡大画像 [](容量:115210byte/サイズ:w617×h640px)サイコバニー(Psycho Bunny)というブランドをご存じですか。アバレルブランドのようなのでありますが、ゴルフのキャディバックも出しています。

バニーってえと、うさちゃんでありまして、新宿やら大阪の「バニーちゃん」では大変お世話になった過去がございます。まあ、それとは関係ないようではありますが、そのうさちゃんに「サイコ」って、なんともおっかないものになります。辞書では「精神病の」とか「狂った」という意味の形容詞で、米英語でスラング的には「頭のおかしい」「ラリってる」という感じです。その「サイコ」なバニーちゃんブランドのキャディバック。黒のエナメル地に、スカル(骸骨)バニー(刺繍)です。

何故か、いい歳をして、こんなキラキラの「サイコ」なのが好きな私。年末の新宿の飲み会前に、南口のビクトリアゴルフで衝動買いをしちまいました。まあ、10年来使っているタイトリストのキャディバック(これも表面は黒のエナメル地)の表面が剥げてきた、ってこともあって、買い換える気はあったのではありますが。

自分的には、なかなか「落ち着いた味わい」だし、造りもしっかりして高級感もあり、相当に好感がもてる逸品。おそらくいいもんだ。値段もそこそこ(安くはない、って意味)で、キャディさん受けもしそうだし。

自宅着は年明けの1月4日。楽しみ。

来年からは、おそらく、「サイコなじいさん」をウリにして、若いひと達を煽動、いや、先導していくつもりでございます。キャディバックだけでなく、着るモンなんぞもサイコバニーになりそうな予感。いい歳して、変身する私。みんな、みていてくれ。

もしかして、オレ、ウサギ年だったかも。歳がバレる。

※写真は、スカルバニーのキャディバック。ショップの画像を借用しちまいました。お許しを。

(DataID:000291)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-5】
寒い冬 2017 
    今年も恒例のナイター、始まる
クリックすると拡大画像 [](容量:47540byte/サイズ:w800×h450px)ホームコース。

10時のスタート、となりますと、混んでいると、上がりは17時ぐらいになってしまいます。この時期、上がり何ホールかは「ナイター」とあいなります。

この日も、9時50分のスタートで、最終ホールは照明が点灯しました。このコース。昔はナイター営業をしていたこともある、とのことで、照明設備はそこそこなんですが、まあ、見えにくいことには変わりはなく、コースの真ん中にボールを運ぶのが肝心です。

バーディやパーもあるけれどダボ先行・トリもとる、という、なんとも情けないフロントナイン(西コース)で、スコアは48。気を取り直してのバックナイン(南コース)は、7番ショートがバーディ、8番ロングがパー。9番ホールで日没、ナイターとなった次第。ここはなんとかボギーで切り抜けてスコア43。トータル91と、まあ、そこそこでばありました。

この日、おニューのアイアン(6番からPWまで)のデビューラウンドでありました。プロギアのtuneというキャビティのフォージドヘッドに、フジクラのスピーダーというシャフトを刺した、特別あつらえの一品でございます。最近「距離が落ちた」「筋肉の疲労がきつい」といった悩みを一気に解消してくれるはずということでありましたが、さすが、特別の一品。なんとも、これからが楽しみであります。

写真は、南コース9番。セカンド地点からティーインググラウンド方向を撮ったもの。遠くの山々は高尾の峰。
(DataID:000290)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-6】
ふるさと納税2017 
    今年のふるさと納税でゲットしたんもん
クリックすると拡大画像 [](容量:64781byte/サイズ:w600×h774px)「ラスベガス紀行(?)」が連載されるはずが、10月に起きた「銃乱射事件」で、なんとなく冷や水を浴びせられたようで、少し、気持ちを建て直してから、と思っているうちに11月も中旬になってしまいました。こっちはしばらく置くとして...

今年も年末を迎え、「ふるさと納税」をやってみました。

昨年、初めて経験したのは、福井県越前市から「えちぜんがに」。冷凍ものではなく、生でクール便。納税額8万円はいささか高額ではありますが、翌年の住民税の先納(手数料は2000円)と思えば、いいものを「食べたあ」と満足の極みでありました。

今年は、ゴルフボール、4ダース。納税額6万円。広島県大竹市であります。

大竹市は、広島県の西端。瀬戸内海に面し山口県との県境に位置する、人口3万人弱の「瀬戸内地域で有数の臨海工業地区」(大竹市HPから)なのだそうです。ダブルパー店主とは縁もゆかりもないのでありますが、なんと返礼品というのが、ブリジストンのPHYZ(ファイズ)というゴルフボール(2017年モデル)が4ダース。ネットでは概ね6000円程度で販売されている、4ピースタイプの高級品です。1級あたり500円程度。1コインあれば、昼ごはんを食べることができる価格です。

昨年から、ファイズの2015年モデル(価格は安くなっている)を勝負ボール(ここぞというラウンドに使う)にしておりますが、最新のモデルは高価すぎてとても買うことができるものではありません。一瞬のミスで、高価なボールがOBゾーンに消えてなくなるんですから。

その2017年モデルが4ダースも手に入ったのであります。まあ、もったいなくてしばらくは使えないのでしょうが。そして、使ってみた途端、朝一番のドライバーショットで右のOBゾーンに打ち込んでしまう。そんな予感。

とりあえず、「ふるさと納税で手に入りますよ」と耳元でささやいてくれた会社の課長さんに、一応、感謝。彼の本音は、自分のフトコロは痛めることなく、私に恩を売っておいて、私が手こずっているタイトリストのドライバーが降ってくるのを待っている、といったところであろうが....(^^)。
(DataID:000288)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-7】
梅雨2017 
    梅雨明けやらず、懲りずに猛暑
クリックすると拡大画像 [](容量:65574byte/サイズ:w800×h450px)8月15日土曜日。先週の猛暑下のアクシデントに懲りず、またまた佐野近くのゴルフ場でラウンドしておりました。

この日は前週にも増して猛暑日。前回、急な体温上昇に懲りて、今回はそのへんに気配りしながらのラウンド。とはいえ、この日は十分な水分補給に加えて発汗のすごいこと。前回は、突然の発汗でしたが、今日は、朝からずっとです。身体が暑さに順応してきたのかも。発汗するということは、身体的にはとてもいいことのはずです。

で、昼は、あまりの暑さに「中ジョッキ」に抑えました。同伴者は大ジョッキなのによく我慢したものです。

しかし、確かに猛暑の中のゴルフは疲れます。ヘロヘロながら、なんとか完走しました。スコアは95。スタートの連続トリ、が最後まで尾をひきました。あまりの暑さに、スタート時の練習もストレッチもまったくやらずにスタートしました。これじゃスコアはよくなりませぬ。
(DataID:000284)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-8】
梅雨2017 
    梅雨明けやらず、猛暑
クリックすると拡大画像 [](容量:1427095byte/サイズ:w1400×h1470px)今年の梅雨は、東京では「空梅雨」なんだろう。ほとんど梅雨らしい雨の記憶がありませぬ。もっとも、九州の方では集中豪雨とかで、何を呑気なこと言ってるんだよと、お叱りを受けるかも知れませんが。

7月に入って夏日が続き、7月の8日土曜日は最高気温32℃のご託宣。昼過ぎから気温はどんどん上がり、栃木県佐野近くのゴルフ場にいた私は熱中症状態でありました。

あまりの暑さに、昼にハイボールを一杯頼んだのですが、これが幾分濃いめでありました。これがいけなかった...。突然、玉のような汗が顔から吹き出して顔面滝状態。こんな経験はあまり記憶にありません。タオルで拭いても拭いても、汗は止まりません。水分補給をしっかりしているのですが、飲めばそのまま汗となって流れ出るみたい。

さすがに「やばい」と思った私。体温が上がり過ぎているよう。タオルに冷たい水をかけて、額や首筋をしっかり冷やしました。この時期、必ず、魔法瓶に氷と水を入れて持っていくのはこのためです。スポーツドリンクでは、身体を拭けません。魔法瓶の水をほとんど使い切って、なんとか発刊は修まりました。

体温を下げるために、私の身体はフル稼働してくれたわけで、熱中症直前ではありましたが、事なきを得ました。夏のゴルフはもう飲まない、と決意。

そんなアクシデントに見舞われながら、それでもスコアは92、とまずまずではありました。

ところで、こんな状態の中、同伴者は悠々とプレイしておりまして、私のアクシデントには心配してくれるどころか、「飲んだからよ」と存外に冷やか。まあ、そうとは言いながら、内心はちょっと心配してくれてたみたいですがね(あとで知ったのですが...)。

※写真は、8日土曜日の都賀カンツリー。芝がとってもきれいです。ということは、芝がとっても元気。ラフからのショットは注意が必要です。
(DataID:000283)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-9】
初夏2017 
    セグウエイ
クリックすると拡大画像 [](容量:9790byte/サイズ:w200×h267px)梅雨入り前の6月のある日。

セグウエイで走り回れるという茨城県のゴルフ場に行ってまいりました。スタート前に乗り方の講習を受け、何ホールかぎこちないながらも徐々になれ、昼過ぎには「絶好調」。まあ、遊園地状態で走り回った次第。これは面白かった。

ゴルフの方といえば、コースのあまりの手入れの悪さにびっくり。ティーインググラウンドは穴だらけ。芝がないし。グリーンは狭くて固いから、直接、載せに行くとこぼれる。やってられんよ。そんなわけで、午前中は51。こりぁ、打ちすぎ。

セグウエイ運転に付き、昼飲みできず、素面で午後のラウンド開始。同伴者に馬鹿にされそうなので、少々、気を取り直しててホンキモード。ここのところのスコア不調は、クラブを軽くしたことによる手打ち、という原因にも納得して、爆走。午後は42であがりました。トータル93はまあまあ。

※私、仕事に遊びに元気にやってます。ということで、今回の写真は本人出現。

(DataID:000282)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-10】
いいものをつかう2017-2 
    アイアンシャフトをカーボンに変えたら...
クリックすると拡大画像 [](容量:23566byte/サイズ:w500×h374px)2015年末ぐらいから、ゴルフクラブの重さを軽くする方向で動くようになった。年齢のせいか、思いクラブが振り切れなくなった、適正な距離が出なくなった、等の理由によるもの。セカンドセットのドライバーをYAMAHA RMX216にし、シャフトをそれまでのスチールシャフトNS-950より10グラム以上軽いNS-850にしたり。

で、今回、とうとうアイアンのシャフトをカーボンシャフトに変えた。

PING i200。ピン社が今年3月に発売開始したキャビティアイアンなのだが、シャフトがフジクラのMCI。標準は50gなのだが、さすがにそれでは軽すぎて心もとないので60gのものに。それでもNS-850に比べるの20g以上軽い。また、NS-850ではフレックスをRにしていたが、試打した結果、Sシャフトの方が安心感があった。

新宿のピン社のフィッティングセンターでフィッテングしてもらったもの。

3月にAW/PW/9I/8I/7I/6Iを購入してしばらく使っているが、軽いおかげか6Iが自信をもって打てるようになって、5Iを追加発注してみた。軽くすると手打ちになって距離が伸びなくなるのだが、いまのところ、ショートホールの1オン率が上がる等のメリットも多い。

メーカーの受け売りではないが、ショットの振動が体に伝わりづらい。ということは筋肉痛等になりにくく「身体にやさしい」ことを実感。シャフトのせいなのか、スチールシャフトと比べて違和感はない。

そんなわけで、3月末から使い続けている。さて、これでハンディキャップが少なくなるかどうか。楽しみ。

※写真はメーカーのホームページから借用(i200)




(DataID:000280)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-11】
お花見2017 
    やはり、花見はホームコースで
クリックすると拡大画像 [](容量:109641byte/サイズ:w1000×h667px)前週、花見ゴルフのはずが一本の桜の木もないゴルフ場だった、というわけで、今回は八王子のマイホームコース。遅咲きの木はまだ満開のようで、やはり、春爛漫のここは外せません。

いつものおじさんと二人で行くと、この日は、組み合わせでメンバーのお姉さん二人組とご一緒することに。いつもはお固い相方のおじさんはまんざらではなさそうだったのが印象深かったのありましたが、私的には「今年はうば桜の花見だわ」と...。

いつのもごとく昼食もご一緒するのですが、ゴルフ場のレストランの知り合いのウエイトレスさんが、そっと近づいてきて「お連れ様ですか??」って。まるで、ウィンクでもして「みちゃったわよ〜〜」って感じ。

残念ながら、そんなやばい関係のご婦人ではございませぬ。期待を沿えず申し訳ないです。と、まあ、何故かしどろもどろの弁解。

※写真は、西コースの一番ホールから。
(DataID:000277)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-12】
お花見2017 
    花見のはずが、桜はどこに....
クリックすると拡大画像 [](容量:45833byte/サイズ:w1000×h563px)2017年4月8日(土)、世間的には桜満開の中、前々から予約していた「お花見ゴルフ」の日。朝早くから、お出かけしました。埼玉県のとある河川敷きのゴルフ場。最近、冬場の寒さが身に凍みて、ゴルフ熱が上がらなかったのが、2月下旬、水温む季節を迎えるやいなや週末連続のゴルフ三昧。この日は、連続7週目。。。

で、行った先のゴルフ場は...(写真)

ゴルフ場の敷地内には、見渡した限り、桜の木が一本も見当たらない。これじゃ、お花見にならないがね。予約係の私は、一緒の仲間に謝ること、しきり。申し訳ありません、ごめんなさい。日本の国なら、どこにでも桜の木があると思っておりましたのですが...、とかなんとか。

土手の菜の花はきれいなんだが...

まあ、そんなことはスコアに関係なく、いつものごとく90台前半でラウンド。まあまあの出来でした。

ゴルフ終了後、花を愛でながら酒盛りを堪能したのはいうまでもありません(笑)

(DataID:000276)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-13】
春 2017 
    あれれ、2月が終わってしまう(汗)
クリックすると拡大画像 [](容量:499356byte/サイズ:w1300×h972px)気がつけば2月もあと2日を残すのみ。あれれ、2月が終わってしまう。なぜか、このごろ、時間の経つのが相当早い。

このごろ時間が足りない。というか、結局、無駄な時間が多すぎて、時間を有効に使えていないのでは、と思い至る。歳とると、時間が薄くなる。だから時間のすぎるのが早くなる。

そんなこんなで、もう、そろそろ「潮時」かな...とも。なにごとにもシオドキというものがあるのではないかな。

とか言いながら、さっぱりシオドキなど考えなくて、また、アイアンを手に入れるつもりでいるこのおやじ。PING(ピン)から3月発売予定のアイアン i200。新宿のPINGフィッティングスタジオまで行ってフィッテングしてもらったんだわ。標準はスチールアイアンだけど、清水の舞台から飛び下りて、カーボンシャフトにしてしまった。フジクラのCMIシャフト。3月に届くので、ホームで使ってみる。

詳しくはまた。

(写真)i200アイアン

(DataID:000275)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-14】
ゴルフ 2017冬 
    2016年打ち納め
クリックすると拡大画像 [](容量:87242byte/サイズ:w1000×h563px)2016年のゴルフ打ち納めは、大晦日31日。山梨県都留市の都ゴルフ倶楽部でありました。

快晴にめぐまれ、風もほとんどなく、暖かな冬の日。絶好のゴルフ日和。冬ゴルフは、こういう日があるからやめられません。

メンバーは、久々の「暇人おじさん」4人。半分が独身じいさんだし、31日といえどやることもなくゴルフ、ということになりました。

日陰ではフェアウェイは凍っているところが多く、スタート直後はグリーンもカチカチでしたが、気温が上がってきたので、まあまあの状態になりました。もっとも、「グリーン手前から攻める」ということに変わりはありませんが。

山の中の山岳コースですが、そこそこ広く、手入れも行き届いています。なかなかのコースです。グリーンは大きな1グリーン。セカンドショットがグリーンにのってくれるのはいいのですが、ピンから20-30歩というところからのパットが結構多かったですね。

ガードバンカーが戦略的に配置され、谷越え・池越えなどもあって、面白いコースです。

そして結果でありますが、先週、ホームコースでボロボロだったことを思うと、まるで別人。前半46、後半45のトータル91。1バーディ、4パーではありましたが、パー4での9叩きなどもあって、まあまあの戦績ではあります。

2016年を「まあまあ」で締め、2017年のゴルフシーズンを迎えます。みなさま、よろしくお願い致します。

※写真は都ゴルフ倶楽部、1番ティーグラウンド。いかにも寒そうな冬景色です。
(DataID:000272)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-15】
冬2016 
    果敢に池越えに挑む---冬ゴルフ事始め
クリックすると拡大画像 [](容量:61287byte/サイズ:w1000×h469px)2016年も師走の日曜日。栃木県のプレステージカントリー倶楽部。この日は快晴で気温もあがり快適なゴルフ日和。池やパンカーが戦略的に配置され、グリーンもアンジュレーションがきつく、結構、難しい、けど面白いコースではある。もっとも初心者の同伴者にはきついコースではあったみたいだけれど(^^)

西コース(イン)15番ホール(写真)。ティーインググランドからグリーン方向に打とうとすると、レギュラーティからは150ヤード程度の池越え。メインルートは池の左側方向に打ち出して、セカンドでグリーン狙う。すなわち右ドッグレッグとして攻略するのが基本なのだが、現地に行ってみると、池越え以外には道はない、みたいな感じとなる。

「よし、池越えを狙うぞ」と私。しかし、そのドライバーショットは、勝手に身体が動いて、安全な池左側のフェアウェイのど真ん中。教科書通りの展開となった。ところが同伴者のひとりは、果敢に池越えに挑戦し、ギリギリながらクリア。初心者恐るべし。

こういうホールは面白いんだよねぇ。

****************************

10月からずっと忙しい。仕事というより、週末のゴルフだったり旅行だったり。週日の飲み会とか、出張なんかも入っていて、「ダブルパー」が相当お留守になってしまった。お許しあれ。
(DataID:000268)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-16】
秋2016 
    秋本番はゴルフでしょ
クリックすると拡大画像 [](容量:86390byte/サイズ:w1000×h563px)颱風18号が九州をかすめて日本海に抜けた数日後。

秋晴れを期待していたにも関わらず天気予報は「曇ときどき雨」の週末。埼玉は「Jゴルフ鶴ヶ島」で、親しい友人とのラウンドとあいなった。面白いもので、雨もまた一興のゴルフ。雨ではあったがほとんど霧雨状態。レインウェアを着ることもなく昼からは雨があがって、暑くもなく寒くもなく、まずまずのコンディション。

このところ、ホームコース以外はあまりスコアに拘らず、楽しくrun♪run♪run♪ゴルフしているようで、さっぱりうまくならないのだが、その方が、うまくなろう、としてストレスをためるより余程健康ではなかろうか。少し「達観」か(^、^*)

同伴者のひとりは初心者ではあるけれど、一生懸命、ゴルフスクールに通って練習に勤しんでいるとのこと。毎回、上達しているのを確認するのがうれしい。

楽しいゴルフからの帰途。別のゴルフ仲間から連絡あり。次の日曜日、ゴルフに行こう、って。このおじさん、風呂場を掃除中にひっくりかえって肋骨を3本も折ったというのに、少しよくなったと思ったら、ゴルフをやりたくてしょうがないみたい。お誘いは断らないのが私の主義。すぐに「諾」と返答。こんなに遊んでばかりいていいのかしら、と少々不安。

とはいえ、月末は会社のコンペ。優勝は無理にしても、賞品は持って帰りたいもの。

(写真はJゴルフ鶴ヶ島のアウトの池越えショート)
(DataID:000267)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-17】
盛夏2016 
    夏のゴルフ合宿 軽井沢
クリックすると拡大画像 [](容量:67124byte/サイズ:w1000×h667px)もう9月になってしまったが、8月の報告など。

先週(8月末)、軽井沢まで出張って、「ゴルフ合宿」と銘打って、一日目は練習と宴会とカラオケ。二日目はゴルフラウンドとあいなった。その前の月、飲み会の席で話が出たのがきっかけで、結果的に私が幹事を賜った次第。私が幹事ならば、普段できないようなコースで...と考えた訳で...

二日間のお天気と言えば、日本の太平洋側をうろうろしていた3つの颱風の内、2つは日本に果敢に突入し、残りの10号は一度南下したところから勢力を倍増して出戻って、その影響で、軽井沢も雨、そして霧。

そんな中、ラウンドしたコースは、NECレディスが2週間ほど前に行われたばかりの軽井沢72北コース。さすが、ツアーが行われるだけあって、距離もそこそこ、ラフはきつく、なによりコース自体がすばらしい。何のヘンテツもなくみえる林間コースだが、そこら中に張りめぐらされていて、何もなければパーであがれるが、地雷を踏んだとたん、2つも3つもペナルティをとられるものだから、ボギーはほとんどなく、トリ・ダブルパー続出。しかし、やり応えのあるコースではある。プレーフィーが総額で3万円を超えるゴルフコースなのだが、機会があればまた行ってみたい。

宴会でうまい酒と肴を頂き、生来の飲み助である私は当然の如く、意地汚く飲み過ぎて、二次会のカラオケではひたすら爆睡。ホテルに帰って、最上階の大予黷ナ大いにご機嫌だった。

そんなわけで、スコアについて、多くを語れない私(^^;;)

(※写真は、軽井沢72北コース 10番ホール)
(DataID:000265)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-18】
初夏 2016 
    そろそろ初夏の候
クリックすると拡大画像 [](容量:59109byte/サイズ:w500×h334px)5月を迎えて、そろそろ初夏の陽気となってきた。今年のゴーデンウィーク前半の3日間は、1日目(4/29)が封切りの映画を観に、2日目(4/30)はゴルフ、そして3日目(5/1)はお疲れ休み、まあ、今日のことだ。

今年の4月の誕生日。もう誕生祝いでもないだろう、ということで、日曜日というせいもあって特に何もせず。もっとも、その前日。ホームコースで友人とラウンドした。自分だけ「わが人生の区切りの誕生日ラウンド」だな、とひとりごちる。

昨年末から、スコア的にぼろぼろ状態が続いている。クラブを大幅に軽くしたため、結果として「手打ち」になってしまっているのが原因の半分。もう半分は、太ったこと。この半年、2キロ程体重が増えて、それが腹廻りにくっついた。スィング的には腹がジャマになっているみたい(^^;;)

※誕生日ラウンドで、南コース5番ショートホールでの私。もう少し、うまく撮ってほしかったのだが(^^;;)
(DataID:000260)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-19】
はる 2016 
    あたたか陽気あなぐら抜け出す
3月に入って、徐々に暖かい日が増えてきました。私もようやく活動開始すべく、あなぐらから外にでることにしました。

まずは、ホームコースで練習ラウンド。スコア的には相当ひどい。ドライバーがまったく当たらない(T-T)。なにか原因があるはずなのだけれど、全く判らず。違うドライバーをもって練習場で打ってみますと、ちゃんと打てる。なら、この前、新しくしたドライバーが原因なのかも(^^;;)

で、相当にまじぃのが体重。私史上、最高を記録しております。なんとかせねば。。。。

ところで、中旬から6週連続ラウンドとなりました。こんなことやっていていいんかな???
(DataID:000259)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-20】
myGear2015-0023 
    クラブの重量を軽くする→おじじスペックへ転進
かつての日本軍は、敗北の退却を「転進」と言ったそうな。私も、その転進を余儀なくされた、というお話。当然、ゴルフのことではありますが。

9月にヤマハのRMXアイアンに変えた、のはすでに報告済(myGear2015-0022,2015/09)のことですが、これがすこぶるいい、のであります。ショートホールのワンオン率が格段にアップしまして、「軽いクラブにする」という方針が間違っていない、という確信を持ちました。

次に考えるのは、当然の如くドライバーであります。現在のタイトリスト915D2は、当たれば「飛ぶ」クラブで大きく曲がることもなく、好きなクラブでありますが、若干、ダフリが出るのが気になっておりました。ある日、突然閃きました。「これはクラブが重いせいに違いない」と。。。。

で、むくむく沸き上がったのが「軽いドライバー」探し。浮気の虫が騒ぎだした次第。915は総重量308グラム、バランスがD-3.5。ヘッドが比較的重目な、ある意味、難しいクラブではあります。

そこで目をつけたのは、やはりヤマハ。2016年モデルのヤマハRMXドライバー216。総重量299グラム、バランスD-2.0。前回のラウンドはこのドライバーで臨みました。

さすがヤマハ、音がすばらしい。 甲高い金属音は、久しく聞かなかったすばらしい響きであります。しかし、音がすばらし過ぎて、ショットの瞬間に「おお、飛んだ」って音で感じるものなのですが、音がいい程には飛んでいない。これはある意味、ショックではあります。

ヤマハRMX216ドライバーをメイン、にし、タイトリスト915は、ヘッドのウェイトを9→4グラムに変えて、総重量303グラム、バランスD-1.0に変更して、サブセットとすることにしました。

この10年、クラブ重量は重く、重く、とやってきましたが、もうそれは無理。軽く、軽くと体力に合わせて、「戦術的に転進する」ことに致しました。

さて、この年末・年始。まだ年末は2回、お正月は1回のラウンド予定が入っていますが、どないなことになりますやら...

(DataID:000249)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-21】
秋本番2015 
    文化の日はゴルフでしょ
クリックすると拡大画像 [](容量:190537byte/サイズ:w500×h375px)2015年11月3日、文化の日。朝から絶好の秋晴。こんな日はゴルフに限ります。

マイホームコース。会社のエライサンたちラウンドさせて頂きました。写真はスタート前(南コース)での記念のショット。ぼちぼち紅葉も楽しめる時期になってきました。

しかし、この後がいけない(^^;;)。オナーで臨んだドライバーショットは、右45°方向にまっすぐ山の上、OBであります。このホールでこんなショットは初めてでありまして、如何に、気合が入っていたか。普通じゃありません。最初にOBを叩けば、距離のあるミドルホール、ダボですむはずもなく、散々なスタートでございます。

まあ、2番ホール以降は、なんとか気をとりなおして、ボギーペース。途中、バーディなんかもありまして、とりあえず40台後半でフロントナインを終えました。

昼は「病み上がり」のため、ハイボールの濃いめ2杯(^^;;)。このぐらいなら、適当に力が抜けていいかも。

バックナインも、なんとかかんとかこなしまして、この日は、結局94という平凡なスコアに止まりました。

この日、すべてのショートホールにニアピン賞、アウト・インのロングホールでひとつづつドラコン賞を設定しておりました。購入したてのアイアンが非常によくて、密かにニアピンを狙っていましたが、結果は、午前中、ニアピン2のドラコン1。パーフェクトです。午後も、ドラコン1を頂きまして、都合4つのチョコを頂きました。エライサンのみなさま、ありがとうございました(^^)。

さて、購入したてのYAMAHA RMXフォージドアイアン。非常に自分にあっておりますようで、ショートホールも自信を持って臨めるようになりました。ゴルフの何割かは、この自信が非常に重要なのだと思います。しばらく、このアイアンを使いこなします。
(DataID:000248)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-22】
myGear2015-0022 
    やっとめぐりあったか、アイアンRMX
クリックすると拡大画像 [](容量:74353byte/サイズ:w760×h760px)この2年、アイアンの衝動買いを続けて、相当、ひんしゅくを買っていた私。そもそもの始まりは、アイアンの飛距離が一番手(約10ヤード)ほど飛ばなくなったこと。歳のせいかとも思うが、アイアンの飛距離が従来と違ったとたん、自信を持ってアイアンを打てなくなった。相当に重症。

アイアンが振り切れていない。打っておしまい、という自覚症状があって、「これはアイアンが重くなったせい」と、まずやったのが、シャフトを軽くすること。

ツアーステージアイアンに刺していたチョイ重のModusというシャフトをNS−950にリシャフト。これでアイアン重量が15グラム程、軽くなった。フレックス(固さ)もS(固い)をやめてR(柔らかい)にしてみた。これで少しよくなったみたいだが、改善の実感がつかめない。

ONOFFフォージド(軟鉄鍛造/シャフトNS−950)も使ってみたが、これはほとんど使わずボツ。

次は、ツアーステージのSLDR。よりやさしいポケットキャビティヘッド。大好きなフォージドをやめて鋳造・ステンレス。クラブ的には、相当「やさしい」スペックになったはずだがこれも物足りない。

結局、自信回復には至らず、今年の夏を迎えた。人生、あきらめが肝心、と、スチールシャフトを捨てカーボンシャフトにしようと一度は決心し、行った先のお店でいろいろ悩んだあげく、突然閃いた。オレにはスチールシャトしかない、カーボンシャトにしようというのは敗北主義だ、と。で、オレに合ったスチールシャフトアイアンって...?

まず第一にフォージドヘッド。打感が柔らかくて、ちゃんと打てると気持ちがいい。やめられません。

第二にキャビティヘッド。見た目に精悍な感じのやつ。いかにも「ジジイ向け」でないやつ。「簡単ですよ」って見えないやつ。まあ、ただの見栄ですが。

第三にフレックスR。私ぐらの歳になると、Rシャフトの方が「はじき感」があっていいみたい。特に、弾道がバラケル、なんてこともありません。

第四に、とにかく軽いこと。

それで、探してみると、これがあったのであります。YAMAHA RMXフォージドアイアン(2014年発売)。シャフトはなんとNS−850と、950よりも軽いシャフトが刺してあるのであります。MODUSのときより数十グラムも軽くなります。

試打してみると、柔らかい打感と軽く振り切れる感じを実感することができます。若干ワイドソールでトップラインがいくらか太いのですが、最近は若干ふっくらしている方が好きなんで、まあ、許容範囲。私もわんちゃんも、幾分デブだし(^^;;)。

購入早々、プロの橋本愛子先生とご一緒する機会があり、ラウンド中、弾道などをみて頂いたところ、先生から「このアイアン、合ってますね」というお墨付きを頂いた。「SWもいま使っているチョイ重をやめて同じシリーズの軽いものにしてしまっていいんでないの?」とも。当然、そのようにさせて頂きました、はい。

そして、昨日、ホームコースでのラウンド。購入後、4ラウンド目。ようやくなじんできた感じではあります。

で、結果と言えば、ショートホールは4つともすべてアイアンショットで、それがすべてワンオン。あとで調べてみたが、ショート全ホールワンオンというのは初体験。6番アイアン・7番アイアンも、きちっと打てる。なにかこの2年間のもやもやが吹っ切れた気分。

飛距離も、キャリーはほぼ元に戻ったよう。ただ、よくボールが上がるのでランがいくらも出ない。その分飛距離が落ちたが、アイアンはキャリーを押さえることができれば充分。

ただ、SWは軽くて、少々、こころもとない。軽い分、オートマチックに打てる感じはするのだが、まあ、慣れるしかないか。クラブの重さで打つバンカーショットが出るかどうか心配(^^;;)

6I/7I/8I/9I/PW/SWの6本購入済。AWは注文中。これで、また、モチベーションがあがるといいな。

※写真はRMXアイアン
(DataID:000245)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-23】
myGear2015-0021 
    アイアンまで衝動買い、テーラーメイドSLDR
クリックすると拡大画像 [](容量:22481byte/サイズ:w500×h375px)ゴルフのクラブに詳しい方なら判ってくれるのだろうが。とにかくここ1年ほど、アイアンが飛ばなくなってスコアを相当落としていた。明らかに、アイアンが重くて振り切れなくなった。これはやはり歳のせい(^^;;)。シャフトも少し硬くて、打つ毎に身体には堪えるようになってきた。

そんなわけで、年末、ドライバー(タイトリスト915)にしたのを期に、アイアンも衝動買いしてしまった次第。

ヘッドがボテッとしているのは嫌。ポケットキャビティはダメ。フォージド(軟鉄鍛造)以外は使わない、とほざいていたのに、結局、入手したのは、テーラーメイドのSLDRアイアン。ボケットキャビティで、フォージドアンアンでなくて、チャッとした、なんとも「愛らしい」アイアンでございます。

シャフトはNS-950のR。ドライバーのシャフトも見栄を捨ててRにしたし、柔らかいシャフトにするのに、障害はなし。ホンネはもっと美人顔でスリムなのがよかったのであるが、まあ、私の人生ってそんなもんだったし違和感なし(T T)。

昨年末、オニューのドライバーとこのアイアンで久々のスコア87。まだまだ使い込む必要あり、だけれど、まずはしばらくこのアイアンに慣れるつもり。
(DataID:000231)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-24】
myGolf2015-001 
    よせばいいのに2日に初ラウンド
1月2日。年末からのインフルエンザ騒ぎの乗り越えてのホームコースでの初ラウンド。朝方は晴れていたのものの、放射冷却の相当に寒い日となりました。普段の冬の格好をしていても寒いので、肩・背中にホカロンを三個も装着。ラウンドに臨みました。

一定の温度以下になると、パフォーマンスが相当に落ちます。特に、ショートゲームとパットは最悪の事態。グリーンが凍っていて、いつもと全く距離感が異なること、寒くて微妙が動きができないこと、年末からろくなもんを食べていない病み上がり状態であること、等、悪い原因はいくらでもあって、スタートホールから連続3パットという異常自体。12月下旬に43(11オーバー)で回ったホールです。集中力もいまひとつだし、体調も特によくはなく、まあ、年始のイベント消化、といったことで納得しています。

ショットの方といえば、新ドライバーはつかまらず、ナイスショットでさえフェードボールです。ほとんどが擦り球で、右にフケます。新アイアンもフェースのネック側であたることが多く、うまく打てません。パターもそうですが、ショットもテークバックで身体が左右に動いているのが判るのですが、理性で判っていても、どうにもなりません(T T)。

ほうほうの態でなんとかラウンドは終了したものの、正式記録にも参考記録にも残らない練習ラウンドとなりました。

体調を整えて、近々、また挑戦してまいります。
(DataID:000229)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-25】
myGolf2014-008 
    タイトリスト 915 ドライバー
クリックすると拡大画像 [](容量:89925byte/サイズ:w1000×h750px)タイトリスト910と913というドライバーを使っているのだが、今回、2年振りに新製品が出た、ということで、ショップに見に行った。ヘッドのソール前面に溝があって、この溝がタイトリストの「進化」なのだという。店員さん、ひとこと「飛びます」って。

タイトリストは2年ごとに新ドライバーを発売しているようで、今回は2015年モデルということか。前回の913も「進化」に釣られ、今回も同じ要に「進化」という広告に釣られてしまった。即、購入。

今回、これまでと大きく違うのは、シャフトの固さをこれまでのSRからより柔らかいRにしたこと。913のとき、ショップの店員に「お客さんならRの方がいいですよ」と言われて憤慨して帰った記憶が、まだ生々しいが、今回は、自分の身体の「退化」に合わせて柔らかいシャフトにした。

ナイスショットのとき、どうしても身体全体で打っている、という感じがしてならない。身体中の筋肉を総動員している、って感じ。少し、シャフトが柔らかければ、身体への負担が軽減できるかも。

で、年末、ホームコースで使ってみた。柔らかいシャフトではあるが、特にフニャフニャというわけではなく、打感は柔らかくなったみたい。音はかなり良くなった。柔らかいシャフトだと、打球がバラケルかと思ったが、そんなことはなく、曲がりは小さい。結構、飛んでいる(キャリー)感じ。これはいいかも。

実は、この日、アイアンも新らしくした。ソールが厚めのポケットキャビティ。確かに打感もいいし、ちゃんと飛距離も出るし、見栄でアイアンを選ぶのをやめただけの結果は出たみたい。しかし、ちゃんと当たったときの気持ちよさ、が少ないのがタマに傷。きもちよさがもやっとしている。テーラーメイドのSLDR。やさしく飛ばせる、のだという。シャフトはNS-930といってNS-950より少し軽め。当然の如くRである。カーボンシャフトも考えたが、まだ、カーボンシャフトまで「退化」してしまうのは見栄が許さないみたい(^^;;)。

で、この日の戦績と言えば、今年のベストスコア 87 であった。東44、西43。先月、久々にホームコースで89を出したのだが、ドライバーとアイアンの新しい武器投入でベストスコア。これでは、来年が楽しみ、である。


(DataID:000224)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-26】
myGolf2014-007 
    ホールインワン!!!/my Home Course
クリックすると拡大画像 [](容量:25107byte/サイズ:w600×h338px)と、少々、衝撃的 (エキセントリック)な題名を付けてみた。とうとうやったか!!!と、嫉妬まじりのエールを送って下さる方々の声が聞こえそうだ。

しかし、まあ、現実はそう簡単なことでばなく、事実と言えば...

2014年、へんな梅雨が明けた週末。わがホームコース。この日は友人のFさんとYさんという、ご主人が70歳だというご夫婦。お二人とも「歳の割りには飛ばす」こと。特にご主人の飛距離は、若いFさんといい勝負。ゴルフ焼けの風貌は、若々しくて、「オレもこんな風にトシとりてぇ」って思わせる。

南スタートホールで、150ヤード超の第3打を右グリーンのカップにねじ込んだFさん。「上出来」というよりは「波乱の予感」---今日はまともには終わらないぞ---って、そんな感じ。

私はと言えば、右に左によれよれスタート。昨晩の深酒でまだ身体が動かない(^^;;)。波乱のスタートではあった。

で、迎えた南7番ショートホール。打ち下ろし、池越え、右グリーンのカップまで85ヤードほど。レギュラーティーもレディスティーもほぼ同じ。

男性3人が、まあまあ、うまく打った。私のは、ピンの先に落ちてバックスピンがかかってバーディチャンス!!「ドヤ」って顔で、内心、有頂天。

しかし、所詮は私はそれまでの人間。

最後のYさんの奥様のショット。あまり高くはないが、充分池をこえるショットで、グリーンカラーに落ちた。そのままカップへ向かって行って、あらあら思うまもなく「カラン」。周囲に、その瞬間の「いい音」が響き渡った。

ホールインワン、である。

もちろん、拍手・拍手で、お二人の記念撮影。キャディさんも大喜び。近くにいたグリーンキーバーのお兄ちゃんも万歳。奥様ば「初めて」の経験だそうで、かく言う私もFさんも初めての目撃経験。

なんともすばらしい瞬間を経験させて頂いた。

お昼は、お祝いだからとごちそうになってしまって、後日、パーティーをするから出てくれ、とまで言って頂いて、「ゴルフをやっててよかった」とつくづく思った日。

次は自分の番かな。何年か前からホールインワン保險にも入っているし。いつでもいいんだが....

※写真は東7番。ホールインワンの感動、さめやらず。それにしても、熱中症覚悟の暑い一日ではあった。35度超の猛暑日。

※一か月半振りのホーム。最初の一か月は土日毎に雨で、後の半月は他のゴルフ場で浮気。久々に行ったホームのレストラン。入ったとたんに中山さんと目があって、思わず手を振った。席についてしばらくしてやってきた彼女。「お久しぶりです」って。いいなあ、彼女の笑顔...。みんなのマドンナ...ではある...が、オレだけのマドンナだったらどんなにいいだろう、と思ったりもする。「歳を考えな」って天の声が聞こえるんだが(^^)
(DataID:000210)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-27】
myGolf2014-006 
    メからうろこ、気づけばなんのことはなく...(part 2)/my Home Course
クリックすると拡大画像 [](容量:29193byte/サイズ:w278×h196px)4月に「メからうろこが落ちて」、相当、ゴルフの中身が変わってきたみたいです。スコアとパット(10プレィ移動平均)が95以下・35以下と、相当によくなってきています。

梅雨入りした途端、まるで梅雨の末期のような降りが続いた今年の梅雨。もちろんの如くゴルフもじっとがまん、というわけでしたが、今度の土日は晴れる、との天気予報をみた途端、前日にホームコースに早速電話。

まるで梅雨明け早々の夏日。湿度が低い分、暑さはあまり気になりません。風も気になる程でもなく、絶好のゴルフ日和。

この日も、またメからうろこが落ちました。昨年からパットの調子が悪いのに、芯で当ててない、というのがありました。先週、何気にゴルフ雑誌を読んでいたら、「芯であてるためには、アドレスでパターのヘッドを浮かせる」というのがありました。いまでは、アドレスで必ずヘッドを地面に付けて構え、それからヘッドを浮かせてテークバックに入ります。これが芯で打てない原因なんだと...。

練習場でためてしみたら、ほんとにそう。しっかり芯で打てる実感が持てることが判りました。芯で当てるとボールのころがりが違うのが判ります。ボールがずっと伸びる感じ。

先週、衝動買いしたオノフのアイアンも、思い通り「振り切れ」て、番手通りにちゃんといつもの自分の距離が出ます。この一年、悩んできたのはナンだったんだろう(^^;;)。

最後の西9番ホールで待たされたせいで、この日初めてのOB。トリを叩いたにも関わらず、終わってみればスコアは、46-45の91。パット31。これば相当に上出来であります。

※写真は、ホームコースの玄関脇の練習場から望む山々。富士の頭だけちょっとみえています。(スマホで撮ったのであまりよく撮れませんでした。)
(DataID:000208)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-28】
myGolf2014-005 
    いいものをみせて頂いた五月晴れの日/埼玉ロイヤルゴルフ倶楽部
クリックすると拡大画像 [](容量:284434byte/サイズ:w1000×h750px)ゴールデンウィーク開けの次の日曜日。暖かく爽やかで風もほとんどなく、年に何度もない絶好のゴルフ日和。そんな五月晴れの日。埼玉県は越生、埼玉ロイヤルゴルフ倶楽部おごせコース。10時過ぎのインスタート。

イン10番は500ヤードを若干欠ける短いパー4。まあまあのドライバーショットを放った私の後、同伴者のショットはすごくて、私のボールの40ヤード先。ピンまで残り220ヤード程。やや打ち上げ。で、その同伴者。次も3Wのビッグショットでグリーンにツーオン。受けグリーンで、残り、ピンまで8メートルです。

遅れてグリーン上に立った私。当然のごとく「イーグルチャンス!!!!!」とか言ってプレッシャーをかけてあげました。精一杯の親切です(^^)。

で、ピンから一番遠くにある件の同伴者。同伴者4人の中で最初のパットでありますが、ほぼまっすぐ進んでカップイン。「ぎゃああ、すげえもんみちゃったあ」と、内心、びっくり仰天の私。

これまでイーグルは今回を含めて2回しか遭遇したことはなく、今回のように、ボールがカップインするまでしっかり見届けたのは初めてであります。当然、イーグルの経験もなし。

3オンでピン脇に付け2パットでパースタートした私の影の薄かったこと、この上、ありませんでした。しかし、本当にいいものを見せてもらいました。で、その彼ですが、バックナインでは40ヤードのチップインパーディをとるなどやりたい放題。今年のツキをすべて使ったような勢い、でありました。

この日、私は久々の80代。もう90を切るのは無理か、と、いささか人生の黄昏を感じておりましたが、まだまだやれそうです。そうそう、使用したのは私のセカンドセット。ドライバーはタイトリスト910、プロギアのアイアンセットで、かなり私の言うことを聞いてくれました。もしかして、ホームコースでスコアがよくならないのは、ファーストセットのアイアンかも。無理して、少し難しいセットを使っているのがまずいのかも、です。

※写真は、同伴者がイーグルをとった10番ホールの「興奮覚めやらぬ」グリーンです。
(DataID:000205)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-29】
myGolf2014-004 
    メからうろこ、気づけばなんのことはなく.../my Home Course
クリックすると拡大画像 [](容量:82988byte/サイズ:w1000×h750px)ぼちぼち陽気もよくなって、ゴルフの季節がやってまいりました。ソメイヨシノが終わり、今は八重桜やハナミズキ、そして私の知らない沢山の木々、花々。

4月中旬。わがホームコース。あいにくの曇空で、いくらか寒い中での南コーススタート。いまひとつ、スコアにキレがない。特に、ドライバーはテンプラ気味のショットが多く、確かにボールがフェースの上の方にあたっている。実は、12年ほど前、いまのタイトリスト913ドライバーに換えたとき、ブラッシティーを少し高い(50ミリメートル高さ)に変えたのです。どうも、913がうまく打てないのは、ティーが高いせい、だと思って、前に使っていた40ミリ高に変えてみると、弾道は低くなり、強いボールが出るようになりました。

ただ、ドライバーを構えたときに、なんとなくダフる恐怖感が沸いてきます。ティーを10ミリ低くしたというだけで、そんな気持ちの変化がありました。まあ、慣れの問題なんでしょうが。気づいてみれば、なんのことはなく、この1年の不調はなんだったのか(^^;;)。

もうひとつ。最近、ずっとパットの不調に悩んでいた私です。ベテランキャディさんが私のパッティングをみて、「打った瞬間にボールを見に行ってますよ」って。早い話がヘッドアップ。頭が動いていますよ、とも。これは1年前に、橋本愛子プロから指摘されていたことで、私の悪い癖。不調の原因はこれだったのかと、メからウロコが落ちまして。

この日のパットは33。今年のベスト。そのぐらい、パットがダメだったんですわ。

※写真は、東5番。400ヤード超の打ち上げホール。私の飛距離では3オンがせいぜい。真ん中の木の手前に斜めの線が見えるが、メンバーさんはこれを「年金ライン」とか「シルバーライン」とか言っているらしい。ティーグランドから、センターで約180ヤードぐらいであり、この線を超えられなくなると「年金が頂ける」んだとか。ああ、やだやだ。
(DataID:000202)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-30】
myGolf2014-003 
    満開の桜の下、雨と風と雹と雷/my Home Course
クリックすると拡大画像 [](容量:81179byte/サイズ:w1000×h750px)4月初旬。都内のさくら満開から一週間遅れで、ここ八王子も満開となった。ホームコース東3番、左ドッグレックのミドルコース(写真)。正面の二本の桜がなんと言ってもウリのコース。ここの桜を見ないことには、今年のシーズンは始まらない、とばかり、行ってまいりました。

朝方、晴れていたのが、一転、あっと言う間に雨、風。こりゃこりゃ大変だわ、というラウンドになりました。夏用の機能性下着(風が吹くと涼しい)に薄手の長袖のポロシャツじゃ、寒くて寒くて、ブルブル震える始末。

それでもフロントナイン(南コース)はなんとか無難にこなしましたが、少々、お昼の待ち時間が長くて、恒例の「ひとり宴会」。飲み過ぎかな。

午後2時過ぎのバックナイン(東コース)は、雨・風でのスタート。雹がバラバラ降ってきて、遠くで雷が響きます。遠雷・春雷...。昼休みにロッカーから持ち出したレインウェアをしっかり着用します。まあ、気持ちは萎えておりますが。

そんな中。東3番の桜とも対面して、本日の目的は終了。。。。

今年のゴルフ、いや、私の今年の運勢を表すかのような大変なラウンドでありました。(^^;;)

(DataID:000201)

■myScore
 たばこをやめた時の肥満対策として始めたゴルフも早や10年を過ぎ、なんとか生涯スポーツとして自分の中に確固としたものができてきたみたい。
 毎年少しづつスコアはよくなっていますし、「めざせ平均スコア90切り!!」と頑張ります。

■myGear
 スイングフォームとクラブは相互に影響しあっています。だから名人は道具を選びます。つまり、スコアは「手間暇とお金」をかけて初めて得ることができるのであります。
 最近は、歳のせいかフォーム研鑽がおろそかになってきて、その分、クラブへのこだわり、という楽しみが増えました。蘊蓄を傾けるのは無上の歓びです。だから、自分にとっての「魔法の杖」を探す旅も終わりなく続きます。
■サイト名: