【ダブルパーは地球を救う!?】 Date:
  Access:本サイトへのアクセス数です。
だぶるぱあ本舗制作
on dblpar="掲示板"

ダブルパー 【myGolf】

 秘密の蜜の味に目覚めちまい、涙ぐましい試行錯誤と無駄な努力と恐ろしく遠い回り道に満ち満ちている日々。愛は地球を救えない、恋はおやじを救えない。腰痛・肘痛・膝痛・肩痛にも負けず、ひたすら道を究めようとするおやじの悲しい物語。
【myGolf】:ブログ「芝を刈る」【myScore】:悪戦苦闘ゴルフみち【MyGear】:ゴルフはクラブだ!?|
表示ページ選択: 以降の30件 以前の30件 (最大[4]ページまで選択可能)     記事登録数:
■myGolfCourse
■mySelf
【myProfile】 (2012年)
・氏名:店主
・居住:東京都八王子市
・Golf歴:1999年〜
・公式HDCP:22
・Best(10play平均):90.0
・Best(個別):84
・Home:GMG八王子
【mySetting】 (2014年)
クラブ(main set)
・1W:Titliest
  913D2(10.5)
・5W/7W:Titliest
  913F(19/21)
・4UT/5UT/6UT:Titliest
  913H(21/24/27)
・6I-PW:TureStage
   X−BLADE 709 MC
・AW/SW:TureStage
  X−WEDGE(50/56)
・PT:キャメロン
  TERYLLIUM TEN
シャフト
・1W-7W:ランバックス 5.5(SR)
・UT:NS PRO950(R)
・6I-PW:MODUS3(S)
:AW-SW:DG(S200)
◆Dblpar Brog 芝を刈る / ゴルフ三昧
【MENU】(画像掲載記事は■)
□(1) 2018秋  若いわねぇ、とほめられて照れる
■(2) いいものをつかう 2018-1  ぶっ飛びドライバー ヤマハ UD-2
■(3) 2018秋  台風24号の爪跡残るホームコース
■(4) 2018盛夏  暑さから逃れて信州まで遠征したが
■(5) 2018夏  久々の80台に、自信を取り戻す.....かも
□(6) 2018夏  6月なのに、もう「梅雨明け」
■(7) 2018初夏  ゴルフしすぎで...
■(8) 2018初夏  ゴルフしすぎでぎっくり
■(9) 2018春  4月ももう終わり
■(10) 2018春  桜 満開 ホームコース
■(11) 冬ゴルフ 2018  2018年の打ち始めは、マイホームコース
■(12) いいものをつかう2017-3-2   サイコバニー キャディバック(昨年の続き)
■(13) 寒い冬 2017  今年の打ち納めはホームコース
■(14) いいものをつかう2017-3  サイコバニー キャディバック
■(15) 寒い冬 2017  今年も恒例のナイター、始まる
■(16) ふるさと納税2017  今年のふるさと納税でゲットしたんもん
■(17) 梅雨2017  梅雨明けやらず、懲りずに猛暑
■(18) 梅雨2017  梅雨明けやらず、猛暑
■(19) 初夏2017  セグウエイ
■(20) いいものをつかう2017-2  アイアンシャフトをカーボンに変えたら...
■(21) お花見2017  やはり、花見はホームコースで
■(22) お花見2017  花見のはずが、桜はどこに....
■(23) 春 2017  あれれ、2月が終わってしまう(汗)
■(24) ゴルフ 2017冬  2016年打ち納め
■(25) 冬2016  果敢に池越えに挑む---冬ゴルフ事始め
■(26) 秋2016  秋本番はゴルフでしょ
■(27) 盛夏2016  夏のゴルフ合宿 軽井沢
■(28) 初夏 2016  そろそろ初夏の候
□(29) はる 2016  あたたか陽気あなぐら抜け出す
□(30) myGear2015-0023  クラブの重量を軽くする→おじじスペックへ転進



【芝を刈る / ゴルフ三昧-1】
2018秋 
    若いわねぇ、とほめられて照れる
10月6日、わがホームコースのランウド第3話。今回は自虐ネタでございます。  

何かのきっかけで、キャディさんの旦那さんと同じ歳らしい、ことを知りました。まあ、このような展開になると、聞き上手のおやじの出番でござます。

「うちのダンナ。リタアイアして、家にばかりこもってしまって、散歩もようしないのよ。」「少しはケツでも叩いてむりやり引張りだせばいいじゃん」「だめよ、私の言うことなんて聞かないし。うちは亭主関白だし」

なんて、道々、おっちゃんおばちゃんの他愛のない、グチまじりの話をしておりますと..

「Aさん(私のこと)、若いわねぇ。うちのダンナより、よほど若く見えるわよ。」

と、大いにほめられました(^、^*)。現実をみつめることができるぐらいにはすれているおやじ。大半はセールストークとみましたか、少しは、事実を含んでいると..とも。

そうでしょ。若く見えるはずよ。若くみられたいばかりに、老体にムチ打ってフルタイムで仕事して、毎週ゴルフして、着るもんだってそれなりに気にして、無理してんのよ。と、まあ、素直にほめられておくことにしました。

少し照れながら「嘘でもうれしい。ごっつぁんです。」

「そうでしょ、私が『死ぬまで働け』ってこきつかっているからよ。わたしのおかげ...」といいそうな、家人の声が聞こえるようであります。


.
(DataID:000316)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-2】
いいものをつかう 2018-1 
    ぶっ飛びドライバー ヤマハ UD-2
クリックすると拡大画像 [](容量:47445byte/サイズ:w650×h366px)「ぶっ飛びドライバー」 というキャッチに負けて、10月5日 2019年モデルが発売されるヤマハのドライバーUD-2を先行予約したいたら、なんと、その日に届きました。

スペック上、「長くて軽い」とは思っていたものの、実物は、相当に長く、軽く感じます。昔46インチの長尺ドライバーを使いきれずスライスばかり出したいたいやな記憶がよみがえります。

翌日、ホームコースにてラウンド。

練習場で何回か打ってからスタートするつもりで、早めに家を出たものの、台風の影響で練習場が「アイアンのみ」に制限されていたりして、結局、一発もボールを打たず、スタートすることになりました。

東の1番ホール。手前を大きくダフってチョロ。50ヤードもころがりましたか。力の入りすぎ、であります。内心、合わないドライバーかと、疑心暗鬼。

次は東の3番ホール。左ドックレック、フェアウェイの真ん中に桜の木がある打ち下ろしの東の名物ホールです。余計なことは考えずにいつものスイングをこころがけて...。結果は、なんと、フェースのど真ん中でボールを捕らえた気分よさと、強く高い弾道。いつもより2番手以上飛んだ飛距離です。キャッチフレーズそのまま。

さすが「音のヤマハ」。キーン、という音がいいし、センターを外すと、極端に音は落ちますが、おおきくは曲がらず。そこそこに距離は出ます。

「飛距離は金で買え」というのがおやじのモットーでありますが、それをそのまま実践した次第でございます。やったあ。
(DataID:000315)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-3】
2018秋 
    台風24号の爪跡残るホームコース
クリックすると拡大画像 [](容量:109881byte/サイズ:w1000×h563px)9月末、日本を縦断した台風24号。わが八王子でも猛烈な風で、深夜、目が覚めてみて、その轟音にしばし眠れず。近年、稀にみる台風でありました。

10月最初の土曜日。わがホームコースに行ってみますと、台風の爪跡がくっきり。一週間経っても、コースを仕切る大きな木が倒れています。根っこごと、そっくり倒れている木が多く、古手のキャディさんに聞きますと、コース改良で植え替えた木が大分やられているみたいです。こんなに風がすごかったんだなと改めて衝撃を受けた次第。

まあ、悪いことばかりではなかったようで、西コースの最終ホール。いつもは左側にそびえる高いさるすべりの木がなくなっているのに気づきました。ホールが非常に広く見えます。このホール、ドライバーショットが右のワンペナに行き安く特に夕方は疲れがでるため要注意なのですが、この日は、しっかりフェアウェイのど真ん中に。木一本でずいぶん変わるものです。

台風24号通過の翌日、首都圏の公共交通機関が大混乱。中央線になんとか乗れたと思えば新宿止まり。人のあまりの多さに、ホーム間の乗り換えがままならず、身動きがとれないところで、人に押されて将棋倒しになり女性の悲鳴が響きわたったりして、身の危険さえ感じる状態に。なんとか、一度、改札の外に出て、コーヒーショプで時間をつぶして、その後駅のはじっこの方の改札から出て、埼京線・山の手線を乗り継いで、ようやく職場についたら、お昼近くになっておりました。

(写真)10月6日土曜日のマイホームコース。西の1番スタートコース。

(DataID:000314)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-4】
2018盛夏 
    暑さから逃れて信州まで遠征したが
クリックすると拡大画像 [](容量:111799byte/サイズ:w1000×h667px)6月末に梅雨が明け、そのまま猛暑となった7月。埼玉で41.1度などという記録を塗り替えた月でもあります。その7月中旬、猛暑を避けて信州は蓼科高原に遠征してまいりました。

一日目は上諏訪温泉で一泊。十数年ぶりに松本の友人と会いまして、語り尽くせぬ程の話に花が咲きました。いい宴会でした。

翌日は蓼科東急カントリー倶楽部でのラウンド。地上では35度超、40度一歩手前というのに、ここは涼しい、と言いたいところでありますが、事実にさにあらず。日光を直接浴びると肌を刺す暑さであります。ただ、高原のこと故、日陰に入ると微風がここちよい。

と、まあ、その暑い中、前夜の二日酔いを振り切って、なんとかスコアを89でまとめてきました。これに味をしめて、また行こうと思います、信州。

※写真は、八ヶ岳を望む一枚。このゴルフ場、あまり眺望はよろしくないのですが、たまたま八ヶ岳を裏側(山梨側から観るのを表側とすると)を望むホールがありました。
(DataID:000312)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-5】
2018夏 
    久々の80台に、自信を取り戻す.....かも
クリックすると拡大画像 [](容量:127984byte/サイズ:w1000×h563px)梅雨明け翌日。

快晴で暑い土曜日となった6月30日。ところはマイホームコース。

この日は何故か、タイトリスト917ドライバーが朝からいうことを聞いてくれて、東コースパー5で、さい先よいパースタート。次のショートホールも1オンでパー。ボギー・ボギー。

次の東コース難関の打ち上げ400ヤード超のパー4では、ドライバーがナイスショットのあと、21°UTを低く打ち出したものの、ランがででツーオンのパー。このホールはボギーでも、バーディぐらいの価値を感じるホールで、パーが来るのは年1回がいいところ。

東6番では、7番ウッドのティーショットのあと、これまた21°UTでツーオンしたあと、5メートルのバートを沈めて、なんとバーディ。

前半は、1バーディ、3パー、5ボギーで4オーバーの40。これってハーフのベストスコアかも。あっけなくスコア40って出るものなのか、と、しばし唖然。

後半は、途端にドライバーがいうことを聞かなくなったのだけれど、なんとかアイアンでしのいでいたが、上がり3ホールで疲れが出たか。よれよれ。とはいえ、なんとか45で仕上げて、合計85。久々の80台を出した次第であります。

917ドライバーを変えるつもりで、先月、ヤマハ218ドライバーを購入したものの、幾分、期待はずれで、まだホームコースデビューに至らず。しかし、今日の結果で、917ドライバーはやめ、だな。

※写真は、連続パーのあとの、3番パー4。「桜咲く」ドッグレッグ。もちろん、もう桜の時期は過ぎて、青々とした桜の木が2本、コースのど真ん中に立ちはだかる。
(DataID:000310)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-6】
2018夏 
    6月なのに、もう「梅雨明け」
前回、「さて、今年ももう6月。年の半分が終わろうとしております。」と書いたのだが....

6月も終わり。

29日(金)、関東地方の梅雨明けが宣言されました。観測史上、6月というのは最速なんだそうであります。確かに早い。

4-5月。ずっと遊び過ぎて、ぎっくり腰をやったり、疲れがたまっておりました。その上、健康診断で「肺がんマーカー」検査で「値が出て」、すぐに病院で精密検査して下さい、ってのありがたいご託宣がありまして、6月はいくらかギアダウンしてゆっくりしていましたが、やっぱり、おとなしくしている私ではございません。

最終日の30日。朝から25度以上あるというのに、ホームコースに行ってまいります。暑そう(^^;;)。

検査の方は、レントゲンとかCTとかを撮ったり胃カメラを飲まされたりしまして、結果は「白」。なんとも人騒がせな健康診断でありました。
(DataID:000309)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-7】
2018初夏 
    ゴルフしすぎで...
クリックすると拡大画像 [](容量:84047byte/サイズ:w1000×h563px)5月は、事前に雨の予報の19日(土)、26日(土)もラウンドしていました。両日とも天気は上々。楽しく、日々を過ごしているのでありますが、左手首のしびれが強くなり、本日、整形外科に行ってまいりました。

実は、3月ぐらいから左手のしびれを感じるようになり、弱まるどころかだんだん強くなっておりました。思い当たることを多々ありますが、原因がなんであれ、しびれるのはつらい。

レントゲンを何枚も撮られまして、お医者さまの「お見立て」は、「骨にはヴ異常なし」「手根間症候群であろう」というもの。手首の内側に、なにやら注射され、「二週間後にまたきて下さい」ということになりました。症状が改善しないときは、また、別の治療をしましょう、とのこと。

やっぱり、ゴルフのしすぎか....(^^;;)。いえいえ、仕事でキーボードをたたきすぎでありましょう。こりゃ労災かも。

※写真は、栃木のとあるゴルフコース。雨の予報だったものの快晴。メンバーにも恵まれて楽しい一日。
(DataID:000307)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-8】
2018初夏 
    ゴルフしすぎでぎっくり
クリックすると拡大画像 [](容量:99868byte/サイズ:w1000×h667px)今年のゴールデンウィークももうお終いの5月6日(日)のお昼。4月30日、5月3日、5月5日と、3回もゴルフをやって、その「罪滅ぼし」にやりなれない家事の手伝い、詳しく言えば、ダンボール(資源ゴミ)の片づけをしている最中に、特に重いものをもったわけでもないのに、突然、ぎっくり。さすが、2日に1回のゴルフが3連続では、身体の方にガタがきていたようで、歳をとったら何事もほどほど、を思い知らされています。

3日のお天気は事前の予報が「春の嵐」「風速25m」「雷雨」などととてもゴルフなんぞやれるものではないが、おじさん達はそれでもやるぞ、と決意表明。実際は朝までに雨はあがり、風もほとんどなく、昼からは上天気。30日も5日もゴルフ日和で、充分、楽しんだのでありました。

もっとも、スコアは30日は100。これはドライバー(タイトリスト)が少し自分の体力とか実力よりオーバースペックのため、と結論付けれる内容でありました。3日は、ドライバーはセカンドセットのヤマハ。昼に飲み過ぎで、なんとか90台をキープ。5日は、ドライバーをヤマハにして、まあまあのでき。結論として、タイトリストはお蔵に入れて、新しいドライバーを贖うことに。ははは。

※写真は5月5日のマイコース。昼から南コースのスタートホール。芝が生き生きしてきました。
(DataID:000306)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-9】
2018春 
    4月ももう終わり
クリックすると拡大画像 [](容量:123354byte/サイズ:w1000×h667px)早いもので、新年度に入ってはや一カ月。4月ももう終わります。2018年だって、三分の一経過です。この間、毎日の出勤先を変え、歳をひとつ加えました。それ以外に何かやれたか、と言えば、まあ、な〜んにも得たもの・誇れるものはなし、でございます。

勤務先が変わって飲む機会が増えるのではないか、という心配は、とりあえず杞憂に終わりましたが、いつまで続くやら。飲み会とゴルフの予定は6月まで入っていまして、忙しい限りです。

今日もこれからホームコースにてラウンドします。お天気も上々。本人はノーテンキ。こんな風にして歳をとっていくのでしょうかね。

好事魔多し、何が起こるか判らん人生...ではありますが。

※写真は、4月30日のマイコース。西の9番。もうつつじの季節です。
(DataID:000305)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-10】
2018春 
    桜 満開 ホームコース
クリックすると拡大画像 [](容量:2363237byte/サイズ:w5472×h3648px)3月31日(土)。晴れ。八王子は桜爛漫。

まずまずのゴルフ日より。ホームコースの東〜西コースラウンドで満開の桜を満喫するも、愛ですぎて、スコアはいまいち。ショートパットがカップの縁で「クルっ」。ガードバンカーで散々「砂を噛む」。これじゃスコアはまとまりませぬ。これからはゴルフの季節。また頑張りましょう。

で、夜は、東の空に満月。満開の桜と満月の競演に、うまい酒と肴。今年度、最後の晩を堪能致しました。

4月から通勤先が変わります。いままので埼玉(大宮)から、今度は上野の駅前です。通勤は相当楽になりそうですが、飲みの回数が増えそうでもあります。

※写真は、マイホームコース 西スタートホール。
(DataID:000304)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-11】
冬ゴルフ 2018 
    2018年の打ち始めは、マイホームコース
クリックすると拡大画像 [](容量:52492byte/サイズ:w500×h282px)2018年の打ち始めは、1月3日、マイホームコースです。

天気は快晴なれど、風強く寒い。厚く着込んでいるためか、ドライバーが左右に散り、うまくまとまらず。なんとかしのいではみるものの、グリーン上で3パットを連発。大叩きはしないもの、全体的にダボ先行、という悲しい現実でスタートしました。

前半の東コースは好きなコースなれど、この日のスコアは52。あらら、大叩きであります。昼にハイボールを2杯頂いて、身体の中から暖めた効果が出たのか、昼から若干風が弱くなって寒さが緩んだか。後半の西コースは、ボールが池際ギリギリをころがってグリーンオンする等の幸運にもめぐまれ、後半は連続パーをとるなどして、スコアは44。トータル96でありました。温度が下がると極端にパフォーマンスが低下する最近の私としては、可もなく不可もなく、面白みに欠けた展開となりました。

昨年末、衝動買いしたタイトリストのユーティリティクラブ(21度/25度/28度)とアイアンセット(6番〜9番、ヘッドはプロギアtune、シャフトはフジクラスピーダー)は、目下、ファーストセットとして、ドライバー917とともに、ホームコースで使っています。アイアンは3ラウンド目ですが、結構、いいかも。

※写真は、マイホームコース東9番を、東の8番のティーグランドから撮る。左側の有名な「魔女の森」。9番のティーグラウンドにたつと、ばあさん魔女が「オイデオイデ」すると、何故か、この森にボールが吸い込まれる。そして、それがトラウマになり、ずっと続く、という言い伝えがあるみたい。
(DataID:000299)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-12】
いいものをつかう2017-3-2  
    サイコバニー キャディバック(昨年の続き)
クリックすると拡大画像 [](容量:99272byte/サイズ:w1000×h667px)サイコバニー(Psycho Bunny)ブランドのスカルバニーキャディバッグに、わがセカンドセットを「刺して」みました。ホームコース以外でのラウンドは、このセットで戦います。

ドライバー・ウッド・ユーティリティはヤマハのRMX。シャフトはFUBUKI Ai65xSct(R)。アイアンはPINGのi200、シャフトはフジクラのMCI 60-sです。ちなみにパターはスコッティ・キャメロンClasci テリリウム10 NEWPORT2.5(世界2007本限定)--2007年モデル--、タマムシ色で七色に輝きます。

※写真は、わがクラブセット。クラブの間に鎮座するのは、いまのうちのわんちゃん、というか、ドライバーのヘッドカバーです。 

(DataID:000298)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-13】
寒い冬 2017 
    今年の打ち納めはホームコース
クリックすると拡大画像 [](容量:72849byte/サイズ:w1000×h563px)2017年、平成29年ももうお終い。

12月31日は、ホームコースでの「独居老人」二人と「現役おじさん」との大晦日打ち納めラウンドでした。

今年最大の寒波来襲という中、東コースのスタート前に雪が舞うし、寒くてコンディションはあまりよくはありません。なんといっても、寒さ対策のため、相当に着ぶくれしてるので、からだは回らず、ミスが続出。特に、ドライバーが右に出てなんともなりません。まあ、これは今年の課題で、この日に限ったことではありませんが(^^;;)

スコアは48-48のトータル96で、相当に不満なんでありますが、実力が実力ですから、この時期、こんなものでしょう。親しいじいさま連と一緒で楽しくラウンドしてまいりました。

年金もらって、その上、しっかり会社に常勤している「独居老人」どもは、正月が暇、ってことらしく、ラウンド中に「明日の打ち始め」の相談がまとまったみたい。明日って、お正月です。

明日は我が身。「ひとごと」と片づけられない歳になっちまいました。いろんなお正月の過ごし方があっていいんです。

と、なにやら、寂しい話になったところで、お開きに致します。今年も、お世話になりました。来年もよろしくお願い致します。

※今年最後の写真は、ちょっと「華やか」に。
※今年のメインイベント「ラスベガスツアー」の「バリ・ハイ ゴルフクラブ」のワンショット。ラスベガスの南端のホテル街を望む「砂漠の中のオアシス」です。
※コースの奥に、マンダレイホテルがあります。10月の痛ましい事件(銃乱射事件)の現場です。沢山の方々が犠牲になりました。合掌。
※このブログでは、事件があったので、ラスベガスの話をしばらく自粛しておりましたが、そろそろ解禁することにしました。ご理解下さい。
(DataID:000292)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-14】
いいものをつかう2017-3 
    サイコバニー キャディバック
クリックすると拡大画像 [](容量:115210byte/サイズ:w617×h640px)サイコバニー(Psycho Bunny)というブランドをご存じですか。アバレルブランドのようなのでありますが、ゴルフのキャディバックも出しています。

バニーってえと、うさちゃんでありまして、新宿やら大阪の「バニーちゃん」では大変お世話になった過去がございます。まあ、それとは関係ないようではありますが、そのうさちゃんに「サイコ」って、なんともおっかないものになります。辞書では「精神病の」とか「狂った」という意味の形容詞で、米英語でスラング的には「頭のおかしい」「ラリってる」という感じです。その「サイコ」なバニーちゃんブランドのキャディバック。黒のエナメル地に、スカル(骸骨)バニー(刺繍)です。

何故か、いい歳をして、こんなキラキラの「サイコ」なのが好きな私。年末の新宿の飲み会前に、南口のビクトリアゴルフで衝動買いをしちまいました。まあ、10年来使っているタイトリストのキャディバック(これも表面は黒のエナメル地)の表面が剥げてきた、ってこともあって、買い換える気はあったのではありますが。

自分的には、なかなか「落ち着いた味わい」だし、造りもしっかりして高級感もあり、相当に好感がもてる逸品。おそらくいいもんだ。値段もそこそこ(安くはない、って意味)で、キャディさん受けもしそうだし。

自宅着は年明けの1月4日。楽しみ。

来年からは、おそらく、「サイコなじいさん」をウリにして、若いひと達を煽動、いや、先導していくつもりでございます。キャディバックだけでなく、着るモンなんぞもサイコバニーになりそうな予感。いい歳して、変身する私。みんな、みていてくれ。

もしかして、オレ、ウサギ年だったかも。歳がバレる。

※写真は、スカルバニーのキャディバック。ショップの画像を借用しちまいました。お許しを。

(DataID:000291)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-15】
寒い冬 2017 
    今年も恒例のナイター、始まる
クリックすると拡大画像 [](容量:47540byte/サイズ:w800×h450px)ホームコース。

10時のスタート、となりますと、混んでいると、上がりは17時ぐらいになってしまいます。この時期、上がり何ホールかは「ナイター」とあいなります。

この日も、9時50分のスタートで、最終ホールは照明が点灯しました。このコース。昔はナイター営業をしていたこともある、とのことで、照明設備はそこそこなんですが、まあ、見えにくいことには変わりはなく、コースの真ん中にボールを運ぶのが肝心です。

バーディやパーもあるけれどダボ先行・トリもとる、という、なんとも情けないフロントナイン(西コース)で、スコアは48。気を取り直してのバックナイン(南コース)は、7番ショートがバーディ、8番ロングがパー。9番ホールで日没、ナイターとなった次第。ここはなんとかボギーで切り抜けてスコア43。トータル91と、まあ、そこそこでばありました。

この日、おニューのアイアン(6番からPWまで)のデビューラウンドでありました。プロギアのtuneというキャビティのフォージドヘッドに、フジクラのスピーダーというシャフトを刺した、特別あつらえの一品でございます。最近「距離が落ちた」「筋肉の疲労がきつい」といった悩みを一気に解消してくれるはずということでありましたが、さすが、特別の一品。なんとも、これからが楽しみであります。

写真は、南コース9番。セカンド地点からティーインググラウンド方向を撮ったもの。遠くの山々は高尾の峰。
(DataID:000290)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-16】
ふるさと納税2017 
    今年のふるさと納税でゲットしたんもん
クリックすると拡大画像 [](容量:64781byte/サイズ:w600×h774px)「ラスベガス紀行(?)」が連載されるはずが、10月に起きた「銃乱射事件」で、なんとなく冷や水を浴びせられたようで、少し、気持ちを建て直してから、と思っているうちに11月も中旬になってしまいました。こっちはしばらく置くとして...

今年も年末を迎え、「ふるさと納税」をやってみました。

昨年、初めて経験したのは、福井県越前市から「えちぜんがに」。冷凍ものではなく、生でクール便。納税額8万円はいささか高額ではありますが、翌年の住民税の先納(手数料は2000円)と思えば、いいものを「食べたあ」と満足の極みでありました。

今年は、ゴルフボール、4ダース。納税額6万円。広島県大竹市であります。

大竹市は、広島県の西端。瀬戸内海に面し山口県との県境に位置する、人口3万人弱の「瀬戸内地域で有数の臨海工業地区」(大竹市HPから)なのだそうです。ダブルパー店主とは縁もゆかりもないのでありますが、なんと返礼品というのが、ブリジストンのPHYZ(ファイズ)というゴルフボール(2017年モデル)が4ダース。ネットでは概ね6000円程度で販売されている、4ピースタイプの高級品です。1級あたり500円程度。1コインあれば、昼ごはんを食べることができる価格です。

昨年から、ファイズの2015年モデル(価格は安くなっている)を勝負ボール(ここぞというラウンドに使う)にしておりますが、最新のモデルは高価すぎてとても買うことができるものではありません。一瞬のミスで、高価なボールがOBゾーンに消えてなくなるんですから。

その2017年モデルが4ダースも手に入ったのであります。まあ、もったいなくてしばらくは使えないのでしょうが。そして、使ってみた途端、朝一番のドライバーショットで右のOBゾーンに打ち込んでしまう。そんな予感。

とりあえず、「ふるさと納税で手に入りますよ」と耳元でささやいてくれた会社の課長さんに、一応、感謝。彼の本音は、自分のフトコロは痛めることなく、私に恩を売っておいて、私が手こずっているタイトリストのドライバーが降ってくるのを待っている、といったところであろうが....(^^)。
(DataID:000288)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-17】
梅雨2017 
    梅雨明けやらず、懲りずに猛暑
クリックすると拡大画像 [](容量:65574byte/サイズ:w800×h450px)8月15日土曜日。先週の猛暑下のアクシデントに懲りず、またまた佐野近くのゴルフ場でラウンドしておりました。

この日は前週にも増して猛暑日。前回、急な体温上昇に懲りて、今回はそのへんに気配りしながらのラウンド。とはいえ、この日は十分な水分補給に加えて発汗のすごいこと。前回は、突然の発汗でしたが、今日は、朝からずっとです。身体が暑さに順応してきたのかも。発汗するということは、身体的にはとてもいいことのはずです。

で、昼は、あまりの暑さに「中ジョッキ」に抑えました。同伴者は大ジョッキなのによく我慢したものです。

しかし、確かに猛暑の中のゴルフは疲れます。ヘロヘロながら、なんとか完走しました。スコアは95。スタートの連続トリ、が最後まで尾をひきました。あまりの暑さに、スタート時の練習もストレッチもまったくやらずにスタートしました。これじゃスコアはよくなりませぬ。
(DataID:000284)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-18】
梅雨2017 
    梅雨明けやらず、猛暑
クリックすると拡大画像 [](容量:1427095byte/サイズ:w1400×h1470px)今年の梅雨は、東京では「空梅雨」なんだろう。ほとんど梅雨らしい雨の記憶がありませぬ。もっとも、九州の方では集中豪雨とかで、何を呑気なこと言ってるんだよと、お叱りを受けるかも知れませんが。

7月に入って夏日が続き、7月の8日土曜日は最高気温32℃のご託宣。昼過ぎから気温はどんどん上がり、栃木県佐野近くのゴルフ場にいた私は熱中症状態でありました。

あまりの暑さに、昼にハイボールを一杯頼んだのですが、これが幾分濃いめでありました。これがいけなかった...。突然、玉のような汗が顔から吹き出して顔面滝状態。こんな経験はあまり記憶にありません。タオルで拭いても拭いても、汗は止まりません。水分補給をしっかりしているのですが、飲めばそのまま汗となって流れ出るみたい。

さすがに「やばい」と思った私。体温が上がり過ぎているよう。タオルに冷たい水をかけて、額や首筋をしっかり冷やしました。この時期、必ず、魔法瓶に氷と水を入れて持っていくのはこのためです。スポーツドリンクでは、身体を拭けません。魔法瓶の水をほとんど使い切って、なんとか発刊は修まりました。

体温を下げるために、私の身体はフル稼働してくれたわけで、熱中症直前ではありましたが、事なきを得ました。夏のゴルフはもう飲まない、と決意。

そんなアクシデントに見舞われながら、それでもスコアは92、とまずまずではありました。

ところで、こんな状態の中、同伴者は悠々とプレイしておりまして、私のアクシデントには心配してくれるどころか、「飲んだからよ」と存外に冷やか。まあ、そうとは言いながら、内心はちょっと心配してくれてたみたいですがね(あとで知ったのですが...)。

※写真は、8日土曜日の都賀カンツリー。芝がとってもきれいです。ということは、芝がとっても元気。ラフからのショットは注意が必要です。
(DataID:000283)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-19】
初夏2017 
    セグウエイ
クリックすると拡大画像 [](容量:9790byte/サイズ:w200×h267px)梅雨入り前の6月のある日。

セグウエイで走り回れるという茨城県のゴルフ場に行ってまいりました。スタート前に乗り方の講習を受け、何ホールかぎこちないながらも徐々になれ、昼過ぎには「絶好調」。まあ、遊園地状態で走り回った次第。これは面白かった。

ゴルフの方といえば、コースのあまりの手入れの悪さにびっくり。ティーインググラウンドは穴だらけ。芝がないし。グリーンは狭くて固いから、直接、載せに行くとこぼれる。やってられんよ。そんなわけで、午前中は51。こりぁ、打ちすぎ。

セグウエイ運転に付き、昼飲みできず、素面で午後のラウンド開始。同伴者に馬鹿にされそうなので、少々、気を取り直しててホンキモード。ここのところのスコア不調は、クラブを軽くしたことによる手打ち、という原因にも納得して、爆走。午後は42であがりました。トータル93はまあまあ。

※私、仕事に遊びに元気にやってます。ということで、今回の写真は本人出現。

(DataID:000282)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-20】
いいものをつかう2017-2 
    アイアンシャフトをカーボンに変えたら...
クリックすると拡大画像 [](容量:23566byte/サイズ:w500×h374px)2015年末ぐらいから、ゴルフクラブの重さを軽くする方向で動くようになった。年齢のせいか、思いクラブが振り切れなくなった、適正な距離が出なくなった、等の理由によるもの。セカンドセットのドライバーをYAMAHA RMX216にし、シャフトをそれまでのスチールシャフトNS-950より10グラム以上軽いNS-850にしたり。

で、今回、とうとうアイアンのシャフトをカーボンシャフトに変えた。

PING i200。ピン社が今年3月に発売開始したキャビティアイアンなのだが、シャフトがフジクラのMCI。標準は50gなのだが、さすがにそれでは軽すぎて心もとないので60gのものに。それでもNS-850に比べるの20g以上軽い。また、NS-850ではフレックスをRにしていたが、試打した結果、Sシャフトの方が安心感があった。

新宿のピン社のフィッティングセンターでフィッテングしてもらったもの。

3月にAW/PW/9I/8I/7I/6Iを購入してしばらく使っているが、軽いおかげか6Iが自信をもって打てるようになって、5Iを追加発注してみた。軽くすると手打ちになって距離が伸びなくなるのだが、いまのところ、ショートホールの1オン率が上がる等のメリットも多い。

メーカーの受け売りではないが、ショットの振動が体に伝わりづらい。ということは筋肉痛等になりにくく「身体にやさしい」ことを実感。シャフトのせいなのか、スチールシャフトと比べて違和感はない。

そんなわけで、3月末から使い続けている。さて、これでハンディキャップが少なくなるかどうか。楽しみ。

※写真はメーカーのホームページから借用(i200)




(DataID:000280)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-21】
お花見2017 
    やはり、花見はホームコースで
クリックすると拡大画像 [](容量:109641byte/サイズ:w1000×h667px)前週、花見ゴルフのはずが一本の桜の木もないゴルフ場だった、というわけで、今回は八王子のマイホームコース。遅咲きの木はまだ満開のようで、やはり、春爛漫のここは外せません。

いつものおじさんと二人で行くと、この日は、組み合わせでメンバーのお姉さん二人組とご一緒することに。いつもはお固い相方のおじさんはまんざらではなさそうだったのが印象深かったのありましたが、私的には「今年はうば桜の花見だわ」と...。

いつのもごとく昼食もご一緒するのですが、ゴルフ場のレストランの知り合いのウエイトレスさんが、そっと近づいてきて「お連れ様ですか??」って。まるで、ウィンクでもして「みちゃったわよ〜〜」って感じ。

残念ながら、そんなやばい関係のご婦人ではございませぬ。期待を沿えず申し訳ないです。と、まあ、何故かしどろもどろの弁解。

※写真は、西コースの一番ホールから。
(DataID:000277)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-22】
お花見2017 
    花見のはずが、桜はどこに....
クリックすると拡大画像 [](容量:45833byte/サイズ:w1000×h563px)2017年4月8日(土)、世間的には桜満開の中、前々から予約していた「お花見ゴルフ」の日。朝早くから、お出かけしました。埼玉県のとある河川敷きのゴルフ場。最近、冬場の寒さが身に凍みて、ゴルフ熱が上がらなかったのが、2月下旬、水温む季節を迎えるやいなや週末連続のゴルフ三昧。この日は、連続7週目。。。

で、行った先のゴルフ場は...(写真)

ゴルフ場の敷地内には、見渡した限り、桜の木が一本も見当たらない。これじゃ、お花見にならないがね。予約係の私は、一緒の仲間に謝ること、しきり。申し訳ありません、ごめんなさい。日本の国なら、どこにでも桜の木があると思っておりましたのですが...、とかなんとか。

土手の菜の花はきれいなんだが...

まあ、そんなことはスコアに関係なく、いつものごとく90台前半でラウンド。まあまあの出来でした。

ゴルフ終了後、花を愛でながら酒盛りを堪能したのはいうまでもありません(笑)

(DataID:000276)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-23】
春 2017 
    あれれ、2月が終わってしまう(汗)
クリックすると拡大画像 [](容量:499356byte/サイズ:w1300×h972px)気がつけば2月もあと2日を残すのみ。あれれ、2月が終わってしまう。なぜか、このごろ、時間の経つのが相当早い。

このごろ時間が足りない。というか、結局、無駄な時間が多すぎて、時間を有効に使えていないのでは、と思い至る。歳とると、時間が薄くなる。だから時間のすぎるのが早くなる。

そんなこんなで、もう、そろそろ「潮時」かな...とも。なにごとにもシオドキというものがあるのではないかな。

とか言いながら、さっぱりシオドキなど考えなくて、また、アイアンを手に入れるつもりでいるこのおやじ。PING(ピン)から3月発売予定のアイアン i200。新宿のPINGフィッティングスタジオまで行ってフィッテングしてもらったんだわ。標準はスチールアイアンだけど、清水の舞台から飛び下りて、カーボンシャフトにしてしまった。フジクラのCMIシャフト。3月に届くので、ホームで使ってみる。

詳しくはまた。

(写真)i200アイアン

(DataID:000275)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-24】
ゴルフ 2017冬 
    2016年打ち納め
クリックすると拡大画像 [](容量:87242byte/サイズ:w1000×h563px)2016年のゴルフ打ち納めは、大晦日31日。山梨県都留市の都ゴルフ倶楽部でありました。

快晴にめぐまれ、風もほとんどなく、暖かな冬の日。絶好のゴルフ日和。冬ゴルフは、こういう日があるからやめられません。

メンバーは、久々の「暇人おじさん」4人。半分が独身じいさんだし、31日といえどやることもなくゴルフ、ということになりました。

日陰ではフェアウェイは凍っているところが多く、スタート直後はグリーンもカチカチでしたが、気温が上がってきたので、まあまあの状態になりました。もっとも、「グリーン手前から攻める」ということに変わりはありませんが。

山の中の山岳コースですが、そこそこ広く、手入れも行き届いています。なかなかのコースです。グリーンは大きな1グリーン。セカンドショットがグリーンにのってくれるのはいいのですが、ピンから20-30歩というところからのパットが結構多かったですね。

ガードバンカーが戦略的に配置され、谷越え・池越えなどもあって、面白いコースです。

そして結果でありますが、先週、ホームコースでボロボロだったことを思うと、まるで別人。前半46、後半45のトータル91。1バーディ、4パーではありましたが、パー4での9叩きなどもあって、まあまあの戦績ではあります。

2016年を「まあまあ」で締め、2017年のゴルフシーズンを迎えます。みなさま、よろしくお願い致します。

※写真は都ゴルフ倶楽部、1番ティーグラウンド。いかにも寒そうな冬景色です。
(DataID:000272)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-25】
冬2016 
    果敢に池越えに挑む---冬ゴルフ事始め
クリックすると拡大画像 [](容量:61287byte/サイズ:w1000×h469px)2016年も師走の日曜日。栃木県のプレステージカントリー倶楽部。この日は快晴で気温もあがり快適なゴルフ日和。池やパンカーが戦略的に配置され、グリーンもアンジュレーションがきつく、結構、難しい、けど面白いコースではある。もっとも初心者の同伴者にはきついコースではあったみたいだけれど(^^)

西コース(イン)15番ホール(写真)。ティーインググランドからグリーン方向に打とうとすると、レギュラーティからは150ヤード程度の池越え。メインルートは池の左側方向に打ち出して、セカンドでグリーン狙う。すなわち右ドッグレッグとして攻略するのが基本なのだが、現地に行ってみると、池越え以外には道はない、みたいな感じとなる。

「よし、池越えを狙うぞ」と私。しかし、そのドライバーショットは、勝手に身体が動いて、安全な池左側のフェアウェイのど真ん中。教科書通りの展開となった。ところが同伴者のひとりは、果敢に池越えに挑戦し、ギリギリながらクリア。初心者恐るべし。

こういうホールは面白いんだよねぇ。

****************************

10月からずっと忙しい。仕事というより、週末のゴルフだったり旅行だったり。週日の飲み会とか、出張なんかも入っていて、「ダブルパー」が相当お留守になってしまった。お許しあれ。
(DataID:000268)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-26】
秋2016 
    秋本番はゴルフでしょ
クリックすると拡大画像 [](容量:86390byte/サイズ:w1000×h563px)颱風18号が九州をかすめて日本海に抜けた数日後。

秋晴れを期待していたにも関わらず天気予報は「曇ときどき雨」の週末。埼玉は「Jゴルフ鶴ヶ島」で、親しい友人とのラウンドとあいなった。面白いもので、雨もまた一興のゴルフ。雨ではあったがほとんど霧雨状態。レインウェアを着ることもなく昼からは雨があがって、暑くもなく寒くもなく、まずまずのコンディション。

このところ、ホームコース以外はあまりスコアに拘らず、楽しくrun♪run♪run♪ゴルフしているようで、さっぱりうまくならないのだが、その方が、うまくなろう、としてストレスをためるより余程健康ではなかろうか。少し「達観」か(^、^*)

同伴者のひとりは初心者ではあるけれど、一生懸命、ゴルフスクールに通って練習に勤しんでいるとのこと。毎回、上達しているのを確認するのがうれしい。

楽しいゴルフからの帰途。別のゴルフ仲間から連絡あり。次の日曜日、ゴルフに行こう、って。このおじさん、風呂場を掃除中にひっくりかえって肋骨を3本も折ったというのに、少しよくなったと思ったら、ゴルフをやりたくてしょうがないみたい。お誘いは断らないのが私の主義。すぐに「諾」と返答。こんなに遊んでばかりいていいのかしら、と少々不安。

とはいえ、月末は会社のコンペ。優勝は無理にしても、賞品は持って帰りたいもの。

(写真はJゴルフ鶴ヶ島のアウトの池越えショート)
(DataID:000267)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-27】
盛夏2016 
    夏のゴルフ合宿 軽井沢
クリックすると拡大画像 [](容量:67124byte/サイズ:w1000×h667px)もう9月になってしまったが、8月の報告など。

先週(8月末)、軽井沢まで出張って、「ゴルフ合宿」と銘打って、一日目は練習と宴会とカラオケ。二日目はゴルフラウンドとあいなった。その前の月、飲み会の席で話が出たのがきっかけで、結果的に私が幹事を賜った次第。私が幹事ならば、普段できないようなコースで...と考えた訳で...

二日間のお天気と言えば、日本の太平洋側をうろうろしていた3つの颱風の内、2つは日本に果敢に突入し、残りの10号は一度南下したところから勢力を倍増して出戻って、その影響で、軽井沢も雨、そして霧。

そんな中、ラウンドしたコースは、NECレディスが2週間ほど前に行われたばかりの軽井沢72北コース。さすが、ツアーが行われるだけあって、距離もそこそこ、ラフはきつく、なによりコース自体がすばらしい。何のヘンテツもなくみえる林間コースだが、そこら中に張りめぐらされていて、何もなければパーであがれるが、地雷を踏んだとたん、2つも3つもペナルティをとられるものだから、ボギーはほとんどなく、トリ・ダブルパー続出。しかし、やり応えのあるコースではある。プレーフィーが総額で3万円を超えるゴルフコースなのだが、機会があればまた行ってみたい。

宴会でうまい酒と肴を頂き、生来の飲み助である私は当然の如く、意地汚く飲み過ぎて、二次会のカラオケではひたすら爆睡。ホテルに帰って、最上階の大予黷ナ大いにご機嫌だった。

そんなわけで、スコアについて、多くを語れない私(^^;;)

(※写真は、軽井沢72北コース 10番ホール)
(DataID:000265)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-28】
初夏 2016 
    そろそろ初夏の候
クリックすると拡大画像 [](容量:59109byte/サイズ:w500×h334px)5月を迎えて、そろそろ初夏の陽気となってきた。今年のゴーデンウィーク前半の3日間は、1日目(4/29)が封切りの映画を観に、2日目(4/30)はゴルフ、そして3日目(5/1)はお疲れ休み、まあ、今日のことだ。

今年の4月の誕生日。もう誕生祝いでもないだろう、ということで、日曜日というせいもあって特に何もせず。もっとも、その前日。ホームコースで友人とラウンドした。自分だけ「わが人生の区切りの誕生日ラウンド」だな、とひとりごちる。

昨年末から、スコア的にぼろぼろ状態が続いている。クラブを大幅に軽くしたため、結果として「手打ち」になってしまっているのが原因の半分。もう半分は、太ったこと。この半年、2キロ程体重が増えて、それが腹廻りにくっついた。スィング的には腹がジャマになっているみたい(^^;;)

※誕生日ラウンドで、南コース5番ショートホールでの私。もう少し、うまく撮ってほしかったのだが(^^;;)
(DataID:000260)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-29】
はる 2016 
    あたたか陽気あなぐら抜け出す
3月に入って、徐々に暖かい日が増えてきました。私もようやく活動開始すべく、あなぐらから外にでることにしました。

まずは、ホームコースで練習ラウンド。スコア的には相当ひどい。ドライバーがまったく当たらない(T-T)。なにか原因があるはずなのだけれど、全く判らず。違うドライバーをもって練習場で打ってみますと、ちゃんと打てる。なら、この前、新しくしたドライバーが原因なのかも(^^;;)

で、相当にまじぃのが体重。私史上、最高を記録しております。なんとかせねば。。。。

ところで、中旬から6週連続ラウンドとなりました。こんなことやっていていいんかな???
(DataID:000259)
【芝を刈る / ゴルフ三昧-30】
myGear2015-0023 
    クラブの重量を軽くする→おじじスペックへ転進
かつての日本軍は、敗北の退却を「転進」と言ったそうな。私も、その転進を余儀なくされた、というお話。当然、ゴルフのことではありますが。

9月にヤマハのRMXアイアンに変えた、のはすでに報告済(myGear2015-0022,2015/09)のことですが、これがすこぶるいい、のであります。ショートホールのワンオン率が格段にアップしまして、「軽いクラブにする」という方針が間違っていない、という確信を持ちました。

次に考えるのは、当然の如くドライバーであります。現在のタイトリスト915D2は、当たれば「飛ぶ」クラブで大きく曲がることもなく、好きなクラブでありますが、若干、ダフリが出るのが気になっておりました。ある日、突然閃きました。「これはクラブが重いせいに違いない」と。。。。

で、むくむく沸き上がったのが「軽いドライバー」探し。浮気の虫が騒ぎだした次第。915は総重量308グラム、バランスがD-3.5。ヘッドが比較的重目な、ある意味、難しいクラブではあります。

そこで目をつけたのは、やはりヤマハ。2016年モデルのヤマハRMXドライバー216。総重量299グラム、バランスD-2.0。前回のラウンドはこのドライバーで臨みました。

さすがヤマハ、音がすばらしい。 甲高い金属音は、久しく聞かなかったすばらしい響きであります。しかし、音がすばらし過ぎて、ショットの瞬間に「おお、飛んだ」って音で感じるものなのですが、音がいい程には飛んでいない。これはある意味、ショックではあります。

ヤマハRMX216ドライバーをメイン、にし、タイトリスト915は、ヘッドのウェイトを9→4グラムに変えて、総重量303グラム、バランスD-1.0に変更して、サブセットとすることにしました。

この10年、クラブ重量は重く、重く、とやってきましたが、もうそれは無理。軽く、軽くと体力に合わせて、「戦術的に転進する」ことに致しました。

さて、この年末・年始。まだ年末は2回、お正月は1回のラウンド予定が入っていますが、どないなことになりますやら...

(DataID:000249)

■myScore
 たばこをやめた時の肥満対策として始めたゴルフも早や10年を過ぎ、なんとか生涯スポーツとして自分の中に確固としたものができてきたみたい。
 毎年少しづつスコアはよくなっていますし、「めざせ平均スコア90切り!!」と頑張ります。

■myGear
 スイングフォームとクラブは相互に影響しあっています。だから名人は道具を選びます。つまり、スコアは「手間暇とお金」をかけて初めて得ることができるのであります。
 最近は、歳のせいかフォーム研鑽がおろそかになってきて、その分、クラブへのこだわり、という楽しみが増えました。蘊蓄を傾けるのは無上の歓びです。だから、自分にとっての「魔法の杖」を探す旅も終わりなく続きます。
■サイト名: