「ダブルパー ブログ」 【2017/05】

◆この記事のホームサイト 「ダブルパー ブログ」サイト にリンクする
2017/04(前月)2017/06(翌月)
掲載年月[2017/05] 記事数[3]
【MENU】 (画像掲載記事は■)
■(1) いいものをつかう2017-2  アイアンシャフトをカーボンに変えたら...
■(2) いいものをつかう2017-1  後戻りできず、イアホン Shure SE864
■(3) 初夏2017  5月も下旬を迎え、そろそろ夏の準備に...
【2017/05-1】
いいものをつかう2017-2
    アイアンシャフトをカーボンに変えたら...
クリックすると拡大画像 [028](容量:23566byte/サイズ:w500×h374px) 2015年末ぐらいから、ゴルフクラブの重さを軽くする方向で動くようになった。年齢のせいか、思いクラブが振り切れなくなった、適正な距離が出なくなった、等の理由によるもの。セカンドセットのドライバーをYAMAHA RMX216にし、シャフトをそれまでのスチールシャフトNS-950より10グラム以上軽い950NS-850にしたり。

で、今回、とうとうアイアンのシャフトをカーボンシャフトに変えた。

PING i200。ピン社が今年3月に発売開始したキャビティアイアンなのだが、シャフトがフジクラのMCI。標準は50gなのだが、さすがにそれでは軽すぎて心もとないので60gのものに。それでもNS-850に比べるの20g以上軽い。また、NS-850ではフレックスをRにしていたが、試打した結果、Sシャフトの方が安心感があった。

新宿のピン社のフィッティングセンターでフィッテングしてもらったもの。

3月にAW/PW/9I/8I/7I/6Iを購入してしばらく使っているが、軽いおかげか6Iが自信をもって打てるようになって、5Iを追加発注してみた。軽くすると手打ちになって距離が伸びなくなるのだが、いまのところ、ショートホールの1オン率が上がる等のメリットも多い。

メーカーの受け売りではないが、ショットの振動が体に伝わりづらい。ということは筋肉痛等になりにくく「身体にやさしい」ことを実感。シャフトのせいなのか、スチールシャフトと比べて違和感はない。

そんなわけで、3月末から使い続けている。さて、これでハンディキャップが少なくなるかどうか。楽しみ。

※写真はメーカーのホームページから借用(i200)




(DataID:000280)
【2017/05-2】
いいものをつかう2017-1
    後戻りできず、イアホン Shure SE864
クリックすると拡大画像 [028](容量:8854byte/サイズ:w462×h260px) このブログの2014年2月に「いいものをつかう2014-1」と題してアメリカ製のイアホン Shure SE535 を購入した、と書いた。非常にクリアな音質で心地よい。難をいえば、ウォークマンのフィルタオフでは低音が物足りなくなること。まあ、無理に低音を誇張するようなイアホンが多いので、かえってゆったり聴けるのではあるが、

あれから3年5カ月目にして、そのSE535の外側ケースが割れたりし、片方が聞こえなくなった。ウォークマンは毎日4時間超の通勤をこなしている身には必要不可欠な必需品。さっそく駅前のビックカメラに。

SE535を買い換えるつもりでガラスケースを覗くと、535の脇に SE864 という、なんとも高級そうなイアホンが鎮座している。早速、店員さんにお願いして試聴させてもうらと...。

これまで使っているSE535は十分満足なものであるのだが、そのあとSE864を聴いたのがいけなかった。更に音質がクリアで、低音が十分伸びる。それもうるささを感じない。低音は、縁の下の力持ちで、存在感はあってもあまり前面に出てこないのがいい。まるでオレみたいか。

で、あとさきを考えず「これ下さい」って...。支払いの手続きをしたら、価格はなんとSE535の倍以上。ちょっとしたイアホンが10ケぐらい買える価格だが、いまさらあとにひけず。クレジット払い。

で、結果として、好きな曲をこのイアホンで聴くと、幸せ感が増す。背筋が震えるよう。買ってよかった...が、支払いが怖い。

※写真はSE864(メーカーのサイトからダウンロード)
(DataID:000279)
【2017/05-3】
初夏2017
    5月も下旬を迎え、そろそろ夏の準備に...
クリックすると拡大画像 [028](容量:47060byte/サイズ:w500×h552px) ゴールデンウィークを終えて、休み疲れを癒す間もなく、5月も下旬になってしまった。毎週のように野外で遊び惚けて、とにかく忙しい。こんな生活も今年ぐらいまでだろうと思うと、余計に遊びに力が入るみたい。

この5月の出来事を振り返ってみるど...

■三年ぶりの人間ドック

毎年、誕生日月に人間ドックで健康診断を受けるのが恒例となっていたが、昨年は、なんやかやと忙しくて、というか、太りすぎを解消しようと思っているうちに時間が過ぎて、結果的にドックをパス。一昨年の人間ドックで潜血あり、というご託宣を賜って、永年連れ添った「痔」が原因だとは思いながら、結局、大腸カメラを「呑む」はめになったのがトラウマとなって、腰が重い。

そんなわけで、今年は意を決してドックにトライ。体重少し増、肝脂肪、メタボ...と、すべて想定内。特に大きな問題ありません、と。お医者さまからは「体重を減らせば劇的に数値はよくなりますよ」とご指導を賜り、「何キロぐらいですか?」とお聞きすれば、即座に「5キロ」と...。しばし、言葉を失う。体重が5キロも減った自分を想像できない。ライザップにでも挑戦するか...

■夏の研修決まる

今年の夏、なにやらラスベガス(米国)に研修旅行に行けそうな感じ。5年前にフランス旅行し、昨年はシンガポールにも行けた。すべて研修という仕事です。その上、アメリカ本土に行けるとは。パスポートは有効期限十分。

詳細は全く聞いていないのだが、まあ、人生の終盤に差しかかったささやかな楽しみ、だと思うと、なにやらこそばゆい。

■週末ゴルフ、連続12週で記録切れる

2月末から継続していた「週末ゴルフ」の連続記録が、12週で切れた。まあ、よくも遊んだものだ。さすがに13週目はお疲れ休み。腰も痛い。

で、14週目、15週目、17週目はすでに予定ありで、16週目が入ったら、新たに4週連続とあいなる。いいのかなあ、こんな生活。

※写真は、クレジットカードのポイントで獲得した、サントリー「知多」4本。人間ドックのあと、お酒は控えめにしようと決意した日の届いた。悩む。

(DataID:000278)
Copyright(C) 2011-  だぶるぱあ本舗 All Rights Reserved.